ポスター・チラシ・パンフレット・会社案内・DM・名刺のデザイン制作専門サイト

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • FaceBook
  • twitter
  • RSS
メールでの問い合わせ
Blog
春の空を知ってデザインに活かそう。

投稿日:2017-03-13

お天気CK012
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
春ですね。
 
みなさんは、春と言えばどんなイメージですか。
 
暖かい、おだやか、やわらかといったところでしょうか。
 
 
 
春は秋と並んで最も気候のいい季節です。
 
草木も春の光を浴びて輝き、花もいっせいに満開になります。
 
動物も冬眠から覚めたり、繁殖が盛んになったりします。
 
人間の社会でも入学式や入社式、卒業式など、様々な行事も行われますね。
 
 
 
今日はそんなわたしたちの春の日を包む春の空のお天気についてご紹介します。
 
 
 
春によく見られる雲
 
◇朧雲(高層雲)
 
空全体に広がる高層雲でぼんやりとかすんで見える。
 
灰色のベール状、層状の影がある雲。
 
空との境界があいまいで形がはっきりとしない。
 
広い範囲に雨や雪を降らせる。
 
 
◇雨雲(乱層雲)
 
暗灰色をした雲で空全体を覆う。
 
様々な形をしていて、雲の下部に灰色の影が見られる。
 
長時間本格的な雨や雪を降らせる代表的な雲。
 
 
◇霧雲(層雲)
 
霧状や層状に空一面に広がる雲。
 
灰色、または白色で空の最も低いところに浮かぶ。
 
霧の発生をもたらし霧雨などの細かい雨を降らせる。
 
 
春だから見られる雲というわけではありませんが、春は天気の変化が激しく寒暖差があるため、多種類の雲が現れます。
 
 
 
春の風
 
◇春風(はるかぜ)
 
春に吹くやわらかく穏やかな風。東、南から吹き暖かい。
 
 
◇春一番(はるいちばん)
 
立春から春分の間のその年の最初に吹く春の強い風。
 
気温が上昇し、強い南風のため竜巻発生や海難事故などの恐れがある。
 
そのため、気象庁の観測や発表もあり、メディアでも取り上げられている。
 
 
◇東風(こち)
 
春から夏にかけて日本海沿岸で東から吹く風。
 
雨を伴うことが多く、春の訪れを感じさせる。
 
 
◇桜まじ(さくらまじ)
 
桜が咲くころ南から吹く風。
 
晴天が続くので喜ばれ、行楽の目安にされていた。
 
 
春は風がやわらかくて、あたたかな日と、強い強風の日が入り混じっているようです。
 
 
 
お天気FF067
 
 
 
春の雨
 
◇春雨(はるさめ)
 
春にしとしとと降り続く地雨。
 
 
◇春時雨(はるしぐれ)
 
春に降る急にぱらぱらと降ってはやむ雨。
 
 
◇桜雨(さくらあめ)
 
桜が咲くころに降る雨。
 
3月下旬~4月上旬に降る雨。
 
 
◇菜種梅雨(なたねつゆ)
 
菜の花の咲く3月下旬から4月にかけて降り続く雨。
 
 
◇春の長雨。
 
菜の花をはじめ他の花を催す雨とされ、「催花雨」が「菜花雨」になったという説もある。
 
 
春はいったん降り出すと長く続く雨が多いようです。
 
 
 
自然からデザインのヒントをもらえることも多いですね。
 
空を眺めて雲の形を見たり、風や雨から季節を肌で感じることも大切です。
 
 
始まりの春、動き出しの春に空を見上げて、自然の恵みに感謝したい今日このごろです。
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
 
「春らしいデザインにしたい」
 
「春に限らず、季節のキャンペーンを打ち出したい」
 
「季節に合ったチラシやパンフレットをつくりたい」
 
 
など、様々なご要望にお応えしています。
 
ネット注文だからお手軽です。
 
お電話やFAXでも承っております。
 
お気軽にどうぞ。

 
 
 

(Visited 36 times, 1 visits today)
昔の人もスゴいデザイン力。家紋からデザインを考える。

投稿日:2017-03-6

最終更新日:2017-03-7

家紋CU069
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
だいぶ暖かくなってきましたね。
 
暖かくなると、心も軽くなりデザインを考えるのも楽しくなりそう。
 
 
 
今日は、古くからわたしたちの身近にある家紋についてご紹介します。
 
みなさんは家紋について調べてみたことはありますか。
 
調べてみると、昔から日本人も図案を考えることが好きだったようです。
 
 
 
🔶家紋とは🔶
 
家紋とは、家を区別するために昔から使用されてきた紋章です。
 
古くから現代まで人々の暮らしに根付いている日本国有の文化です。
 
その家の家系、血統、家柄、地位などを紋の模様や形だけで表すために用いられてきました。
 
 
 
🔶家紋の由来と時代背景🔶
 
家紋の起源は平安時代、権力のある強豪どうしの氏達が、同じ一族の人と違う人とを区別するために、その家、一族を示す固有のものとして使用されるようになりました。
 
平安時代から鎌倉時代にかけ、時代は貴族が台頭していた公家社会から、武士が中心の武家社会へと移っていきます。
 
その中で、刀や兜、甲冑などに家紋を入れて、敵味方をわかりやすくするために使われたことから発展しました。
 
 
時代が進むにつれ、武士の戦闘に用いられる機会は減り、民衆の文化や一般庶民の人たちにも広く知れ渡るようになりました。
 
江戸時代では礼節や、正装の羽織や袴などの衣服にも取り入れられ、それにつれ、家紋自体も次第に複雑、優美なものになっていきました。
 
 
 
🔶家紋の種類🔶
 
家紋の種類は1万種以上もあると言われています。
 
植物、動物から建築物、文字を形どったものまで。
 
それぞれに意味や由来もあります。
 
ここでは、その代表的な一部をご紹介します。
 
 
◇藤紋(ふじもん)
藤の花や枝を図案化したもの。
平安藤原氏一族の繁栄にあやかって多くの「藤」を入れた一族の間で用いられた。
長寿で繁殖力の強い藤の花の特徴が好まれて多く使われている。
 
◇桐紋(きりもん)
桐の花や葉を図案化したもの。
皇室や幕府などに菊紋とともに政権を代表する紋として用いられてきた。
 
◇鷹の羽紋(たかのはもん)
鷹の羽根を図案化したもの。
鷹の勇猛な特徴から武士の間でも人気があった。種類も60種類以上と多い。
 
◇木瓜紋(もっこうもん)
瓜を輪切りにしたときの切り口や瓜を図案化したもの。
鳥の巣を元にしたものという説もある。
 
◇片喰紋(かたばみもん)
植物のカタバミの形を図案化したもの。
多年草で繁殖力が強いことから、子孫繁栄の願いを込めて広く大衆の間で使用された。
 
 
 
家紋は、現在でも会社や企業のロゴ、シンボルマークとして広く用いられています。
 
また、地方公共団体のマークとしてもよく見かけますね。
 
そのままの形で使用されているものもあれば、デザインの一部として、また、家紋をもとに新しいデザインを取り入れているところもあります。
 
 
 
家紋は、古くから日本人の心に住みつく伝統ある模様です。
 
デザインを考えるときのご参考にしてみてはいかがでしょう。
 
 
でも、デザインを考えるのってなかなか難しいですよね。
 
そんなときは、デザイン工房.comがお応えします。
 
 

デザイン工房.comでは、あなたの想いをカタチに。
 
 
「こんなイメージの仕上がりにしたいんだけど、どうしたらよいかわからない」
 
「こんなパンフレットやチラシ、カードを作りたいんだけど、どこから始めたらいいかわからない」
 
 
など、様々なご要望にお応えします。
 
電話やFAXなども、お気軽にどうぞ。
(Visited 52 times, 1 visits today)
春のデザインに使いたい花。

投稿日:2017-02-28

最終更新日:2017-03-1

こんにちは。スタッフのOKUです。
 
まだまだ寒い日も続きますが、春の足音がそこまで近づいてきていますね。
 
今日は春のデザインによく使われる花を集めてみました。
 
 
桜EL1503315dasdaf_TP_V

◇桜◇

一番ポピュラーでよく使われていますね。
写真の素材やテンプレートなどもたくさんあります。
お花見など、日本人が一番親しみやすく、大切にしている花ですよね。
パッケージも桜のデザインに変えると一気に華やかな印象に。
 
 
 
梅JS745_gyakouume_TP_V

◇梅◇

気品が高く、情緒ある風景を感じさせます。
細い枝とそれにつく小さな花がすてきですね。
 
 
 
菜の花SSK_kazeniyurerunanohana_TP_V (1)

◇菜の花◇

黄色い色が特徴の小さな花です。
葉の緑色と花の黄色がマッチしていてかわいいですね。
 
 
 
チューリップNKD_chripisd_TP_V

◇チューリップ◇

いろいろな色があって、形がはっきりとわかりやすいですね。
子供の頃にみんな一度は描いてみたことがあるのでは。
簡単に描けて親しみやすいです。
 
 
 
ももの花EZ180
◇桃◇

デザインとしては果実の桃の方が多く使われている印象ですが、
たまには桃の花を描いてみるのもいいかも。
花びらの先端が丸いのが桃の花の特徴だそうです。
 
 
 
菊PPG_naranndashiroikiku-thumb-autox1600-13403

◇菊◇

花のつくりとしては複雑で少し難しい印象ですね。
日本の代表的な花の一種です。
高貴なイメージとして、古くから取り入れられています。
和風のデザインでよく見かけますね。
 
一般の企業でも2月の終わりくらいから、たくさんの商品パッケージが春仕様に変更されています。
雑貨はもちろんのこと、飲み物や、お菓子に始まり、オムツや日用品まで。
 
チラシやパンフレットなども一気に春らしいものになり、見ているだけでも楽しい気分になりますね。
春に行われるキャンペーンなども多いですね。
 
 

デザイン工房.comでは、
 
「チラシやパンフレット、ポスターなどを春らしいデザインに刷新したい!」
「春らしいデザインを使いたいけど、どうしたらよいか分からない…」
 
など、そんなデザインのご要望にもお応えします。
 
お気軽にご相談くださいね。
 

(Visited 84 times, 1 visits today)
コミュニケーションの力

投稿日:2017-02-17

最終更新日:2017-02-17

こんにちは。スタッフのOKUです。
 

デザインをしている人、していない人に関わらず、コミュニケーションはビジネスになくてはならない能力と言われるほど、大事なものになってきました。
 
会社や企業で多くのコミュニケーションに関する研修が行われたり、ビジネス本の書籍もたくさん出版されていますね。
 
コミュニケーション能力には様々な力が必要ですが、
先ずもっては、最低限の会話のキャッチボール、次には相手の言ってることを理解できること、相手の話を聞くこと、さらにはそれによって相手との感情の共有、相手の気持ちの推察(非言語コミュニケーション)ができること、そして自分の思いや考えを相手に伝えることではないでしょうか。
 
もちろんこの他にもビジネスでは折衝能力など、体系的に確立された様々な能力が必要です。
 
コミュニケーション能力をいきなり磨こうとしても難しいかもしれません。
ですが、そんなときはコミュニケーションの本来の意味を考えるとよいのではないでしょうか。
 
コミュニケーションとは、
1、言語・文字・身振りによって、人がお互いに意思や思考、感情を伝達しあうこと、
2、動物どうしで行われる身振りや音声による情報の伝達
だそうです。
 
わたしたちは、赤ん坊のころから身振り、手振り、音声によって、
言葉を覚えてからは言葉によって家族や社会と情報伝達を行ってきたはずです。
 
でも、社会に出るとコミュニケーションの得意な人、苦手な人いろいろいますね。
 
コミュニケーションがうまくない人の中には、言葉を伝えたくてもうまく伝えられない人、伝えることを元からあきらめてしまう人、もいます。
 
コミュニケーションのうまい人でも、自分がしていることに自信がないときや自分の行動や伝えることに失敗したときなどは、ふだんはうまくできても、なかなかうまくいかないときもあります。
 
それに心から自分はコミュニケーションがうまいと思っている人はあまりいないはずです。
 
また、言葉はうまくないけれど、気持ちの分かる人、言葉だけで全く信用できない人もいます。
 
コミュニケーションとは、そのひとの人柄、今まで体験してきたこと、いつも考えていることなどが、言葉という伝達手段によって外に出されるということだと思います。
だから、感情を共有したり、意思疎通ができたりするのだと思います。
 
コミュニケーションのうまい人は、伝えたい気持ちの強い人だと思います。
そして、相手の話を聞きたい人、つまり好奇心が多くある人だと思います。
 
デザインや広告はいかにクライアント様の想いを見てもらう人に伝えられるかだと思います。
 
 
わたしたちは、デザインや広告に携わっている者として、
クライアントのコミュニケーションのすべてを、
伝えたいという強い気持ちを、伝えることが務めだと思います。

(Visited 98 times, 1 visits today)
用紙の豆知識

投稿日:2017-02-3

最終更新日:2017-02-13

こんにちは!
スタッフのYuです。

今日は、用紙の豆知識を紹介します!

よく目にする広告やチラシリーフレットやショップカード等、
街中にはいろいろなデザインがありますよね♪

☆紙の厚さや用紙サイズ☆
ご参考にしていただけますと幸いです♪

紙の厚さ

 

印刷用紙の厚さの単位は㎏(キロ)であらわします。
印刷用紙を原紙サイズで1,000枚(=1連といいます)積んだときの重さです。
この用紙の重さのことを「連量」といいます。連量が重くなるほど、用紙の厚さも厚くなります。

 

連量 厚さの目安
70kg、73kg(中厚口) 0.08~0.10mm
90kg(厚口) 0.09~0.13mm
105kg、110kg(特厚口) 0.10~0.16mm
130kg、135kg 0.13~0.19mm
150kg、180kg 0.21~0.26mm

 

■用紙サイズ A判

 

サイズ(mm) 用途 (どれくらいの大きさ? )
A0 1,189×841 ポスター
A1 841×594 ポスター (新聞紙の見開き)
A2 594×420 ポスター (新聞の見開きを閉じた状態)
A3 420×297 選挙ポスター (A4ノートを広げたサイズ)
A4 297×210 チラシ (A4ノートを閉じたサイズ)
A5 210×148 週刊誌 (教科書や、ハードカバー)
A6 148×105 文庫本 (母子手帳もこのサイズ)
A7 105×74 (メモ帳に多いサイズ)
A8 74×52
A9 52×37
A10 37×26
A11 26×18
A12 18×13

 

■用紙サイズ B判

 

サイズ(mm) 用途 (どれくらいの大きさ? )
B0 1,456×1,030 ポスター
B1 1,030×728 ポスター
B2 728×515 ポスター (B1の半分)
B3 515×364 広告 (電車の中づり広告)
B4 364×257 広告、チラシ (新聞の折り込みチラシ)
B5 257×182 カタログ、週刊誌 (週刊少年ジャンプなど)
B6 182×128
B7 128×91 (パスポートサイズ)
B8 91×64
B9 64×45
B10 45×32
B11 32×22
B12 22×16

 

■その他

 

名刺 91×55
ハガキ 100×148

 

当サイトでは主に、
チラシやポスター、DM、名刺、ショップカードなどのデザイン制作も承っております。

 

ウチだけのオリジナルの販促ツールを作ってみたい!と思い立ったとき、

『どうしたらいいかわからない…』
『打ち合わせの時間がない…』
『暇がない…』
『今まで発注していたデザインに満足していない…』
『デザイン自体を考えるのが面倒…』
『もっと簡単に発注した…』などなどお悩みの方、

また、仕事が忙しくて…じっくりデザインを『考える時間が無い!』

『手が回らない!』などお困りの方は、ぜひ当サイトをご利用ください。

チラシやポスターなどの販促ツールのデザイン制作、

ほかに、DM、ショップカード、名刺、商品パンフレット、リーフレット、メニュー表などの販促ツール。
企業ロゴ、チームロゴ、商品ロゴなど、ロゴのデザイン制作。

デザインをネットで簡単に発注したいときは
ぜひ、デザイン工房.comをご利用ください。

皆様の「デザイン制作室」として
デザインに関するご要望やご相談、お悩みなども解決いたします。

ご質問やご要望等ございましたら、まずはお電話かメールください!

●お問合せ:http://www.desi-k.com/inquiry

(Visited 80 times, 1 visits today)

デザイン制作を依頼する