ポスター・チラシ・パンフレット・会社案内・DM・名刺のデザイン制作専門サイト

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • FaceBook
  • twitter
  • RSS
メールでの問い合わせ
Blog

春の空を知ってデザインに活かそう。

公開日:2017-03-13

お天気CK012
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
春ですね。
 
みなさんは、春と言えばどんなイメージですか。
 
暖かい、おだやか、やわらかといったところでしょうか。
 
 
 
春は秋と並んで最も気候のいい季節です。
 
草木も春の光を浴びて輝き、花もいっせいに満開になります。
 
動物も冬眠から覚めたり、繁殖が盛んになったりします。
 
人間の社会でも入学式や入社式、卒業式など、様々な行事も行われますね。
 
 
 
今日はそんなわたしたちの春の日を包む春の空のお天気についてご紹介します。
 
 
 
春によく見られる雲
 
◇朧雲(高層雲)
 
空全体に広がる高層雲でぼんやりとかすんで見える。
 
灰色のベール状、層状の影がある雲。
 
空との境界があいまいで形がはっきりとしない。
 
広い範囲に雨や雪を降らせる。
 
 
◇雨雲(乱層雲)
 
暗灰色をした雲で空全体を覆う。
 
様々な形をしていて、雲の下部に灰色の影が見られる。
 
長時間本格的な雨や雪を降らせる代表的な雲。
 
 
◇霧雲(層雲)
 
霧状や層状に空一面に広がる雲。
 
灰色、または白色で空の最も低いところに浮かぶ。
 
霧の発生をもたらし霧雨などの細かい雨を降らせる。
 
 
春だから見られる雲というわけではありませんが、春は天気の変化が激しく寒暖差があるため、多種類の雲が現れます。
 
 
 
春の風
 
◇春風(はるかぜ)
 
春に吹くやわらかく穏やかな風。東、南から吹き暖かい。
 
 
◇春一番(はるいちばん)
 
立春から春分の間のその年の最初に吹く春の強い風。
 
気温が上昇し、強い南風のため竜巻発生や海難事故などの恐れがある。
 
そのため、気象庁の観測や発表もあり、メディアでも取り上げられている。
 
 
◇東風(こち)
 
春から夏にかけて日本海沿岸で東から吹く風。
 
雨を伴うことが多く、春の訪れを感じさせる。
 
 
◇桜まじ(さくらまじ)
 
桜が咲くころ南から吹く風。
 
晴天が続くので喜ばれ、行楽の目安にされていた。
 
 
春は風がやわらかくて、あたたかな日と、強い強風の日が入り混じっているようです。
 
 
 
お天気FF067
 
 
 
春の雨
 
◇春雨(はるさめ)
 
春にしとしとと降り続く地雨。
 
 
◇春時雨(はるしぐれ)
 
春に降る急にぱらぱらと降ってはやむ雨。
 
 
◇桜雨(さくらあめ)
 
桜が咲くころに降る雨。
 
3月下旬~4月上旬に降る雨。
 
 
◇菜種梅雨(なたねつゆ)
 
菜の花の咲く3月下旬から4月にかけて降り続く雨。
 
 
◇春の長雨。
 
菜の花をはじめ他の花を催す雨とされ、「催花雨」が「菜花雨」になったという説もある。
 
 
春はいったん降り出すと長く続く雨が多いようです。
 
 
 
自然からデザインのヒントをもらえることも多いですね。
 
空を眺めて雲の形を見たり、風や雨から季節を肌で感じることも大切です。
 
 
始まりの春、動き出しの春に空を見上げて、自然の恵みに感謝したい今日このごろです。
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
 
「春らしいデザインにしたい」
 
「春に限らず、季節のキャンペーンを打ち出したい」
 
「季節に合ったチラシやパンフレットをつくりたい」
 
 
など、様々なご要望にお応えしています。
 
ネット注文だからお手軽です。
 
お電話やFAXでも承っております。
 
お気軽にどうぞ。

 
 
 

(Visited 3,473 times, 1 visits today)

デザイン制作を依頼する