ポスター・チラシ・パンフレット・会社案内・DM・名刺のデザイン制作専門サイト

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • FaceBook
  • twitter
  • RSS
メールでの問い合わせ
Blog

初夏の風を感じてデザイン。

公開日:2017-06-12
最終更新日:2017-06-12

風KAZTDSCF6954_TP_V
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
今日は初夏から夏にかけての
 
風を感じるデザインについて
 
考えてみました。
 
 
夏はじりじりとさす陽が暑く、
 
ムシムシしますね。
 
 
特に梅雨の時期は雨も多くなおさらです。
 
 
そんな蒸し暑さと対照的に
 
風は少しでも涼しく
 
さわやかな印象を与えるデザインに
 
したいですね。
 
 
 
 
 
ふうりんAR037
 
 
 
 
風を感じるデザイン
 
 
青い空に白い雲
 
一般的に夏を想像しやすく、
 
初夏の心地よい気温や
 
梅雨が明けて夏のきれいな青空を
 
感じさせてくれます。
 
吹いてくる風も気持ちよさそうですね。
 
 
白い波、海
 
夏といえば海。
 
白波の立つデザインは
 
波の動きとともにそこに生まれる風も
 
感じさせてくれます。
 
 
ヤシの木
 
南国のデザインは夏を表してくれます。
 
ヤシの他にハイビスカスの花なども
 
ひとつあるだけで夏のイメージに。
 
ヤシの木がそよそよと
 
風に揺られている様子が浮かびます。
 
 
風鈴
 
夏の風物詩ですね。
 
実際には風鈴は
 
音で風の存在を示し
 
涼しさを感じます。
 
音がなくても風鈴のデザインだけで
 
涼しさを感じるのは
 
素敵なことですね。
 
 
見るだけで風鈴の風を感じることができるのは、
 
古くから風鈴が日本の人たちの心に
 
深く根付いている表れだと思います。
 
 
 
 
 
くもCK057
 
 
 
 
風薫る
 
 
薫風とは、初夏5月から6月の
 
晴天の日に南から吹くやわらかな風です。
 
 
水の上、緑の上を吹き渡ってくる
 
その風を薫ると感じ、
 
「風薫る」と呼びました。
 
 
風薫るとは、夏の季語ですが、
 
印象的には梅雨に入る前の初夏に吹く
 
さわやかな風を表現することが多いです。
 
 
昔の人はこの風で夏の到来を知り、
 
すがすがしい香りを感じたと思われます。
 
 
 
風薫るの一字違いで、
 
「風光る」という言葉もあります。
 
 
風光るとは、春の季語です。
 
 
冬から春になって暖かくなり、
 
春の日の光の中、
 
そよ風が光るように吹く様子を
 
表現したものです。
 
 
草木も春の日に輝いてきらきらと光り、
 
人も生き物も春の光の中できらめいている。
 
そんな春の喜びを表した言葉です。
 
 
 
同じ風を表した言葉でも
 
四季のある日本だからこそ、
 
薫る、光るといった言葉で風を表現できる
 
美しい言葉が生まれるのかもしれませんね。
 
 
 
 
 
デザインを考えるとき、
 
描いた絵や図、写真から受け取る情報は基本です。
 
 
ですが、言葉を書く人が
 
絵や写真を見て言葉を生み出すように、
 
デザインをつくるとき、
 
言葉や文章からデザインを発想することも、
 
アイデアを引き出す貴重な要素になりますね。
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「季節に合わせたデザインにしたい」
 
「ポスター、POPで告知をしたい」
 
「チラシで季節のキャンペーンを打ち出したい」
 
 
など、お気軽にご注文いただけます。
 
ネット注文なので手間がかかりません。
 
お電話、FAXでも承っております。

 
 
 

(Visited 755 times, 1 visits today)

デザイン制作を依頼する