ポスター・チラシ・パンフレット・会社案内・DM・名刺のデザイン制作専門サイト

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • FaceBook
  • twitter
  • RSS
メールでの問い合わせ
Blog

紙のお話⑥~加工されたいろいろな和紙~

公開日:2017-10-2

 
 
 
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
2014年に3つの種類の和紙が
 
ユネスコ文化遺産に
 
登録されました。
 
 
「石州半紙(せきしゅうばんし)」、
 
「本美濃紙(ほんみのし)」、
 
「細川紙(ほそかわし)」という
 
手漉き和紙の種類です。
 
 
 
日本の手漉き技術が、
 
世界に認められた
 
表れかもしれませんね。
 
 
外国でも日本の和紙は
 
人気があるようです。
 
 
 
今日は加工方法の違いによる
 
和紙の種類を調べてみました。
 
 
 
落水紙(らくすいし)
 
 
ネリを大量に入れて漉き上げた紙の上から
 
水を噴霧上に落とし、
 
水圧で穴をあける技法です。
 
 
水の動きで様々な模様を
 
和紙に描き出します。
 
 
水玉や渦巻きなどの模様があり、
 
型紙で湿らせた紙を覆ってから
 
水を落として描き出します。
 
 
 
利久紙
 
 
生漉き紙に
 
滲み止めの礬水(どうさ)を引いて、
 
乾燥させて染料を塗ります。
 
 
薄い米糊を塗った版木を紙の上にのせて
 
押し付けて立体的な模様を作り出します。
 
 
版木を取ると版木の部分の染料が薄くはがれ、
 
微妙な濃淡のある模様が現れます。
 
 
 
漉き込み紙
 
 
模様を彫った型紙と
 
紗に張って漉いた地紙を
 
漉き合わせる技法です。
 
 
上掛けが模様になり、
 
素朴な味わいが出るものです。
 
 
模様を彫った型紙は、
 
手彫りと写真があり、
 
手彫りの方が模様が出やすく長く持ちます。
 
 
複雑な模様は、写真版で作られます。
 
 
 
揉紙(もみがみ)
 
 
揉んで柔らかくし
 
皺をつけた加工紙です。
 
 
布地のようなやわらかい
 
感触を出すために
 
揉み加工をします。
 
 
ふすまや掛け軸に使用します。
 
 
独特な感触があるため、
 
紙細工にも使用されています。
 
 
 
百重張り(ももえばり)
 
 
陣笠などに和紙を百回近く張り重ねた技法です。
 
 
胡粉と黒漆を混ぜ、
 
何度も塗りたたいて仕上げます。
 
 
江戸時代の使番がつける陣笠などに
 
使用されていました。
 
 
 

千代紙(ちよがみ)
 
 
 
折り紙や装飾品に使われる
 
正方形の形の多い和紙です。
 
 
京千代紙と江戸千代紙があり、
 
京千代紙は京都で作られ、
 
江戸千代紙は江戸で作られました。
 
 
京千代紙は町人の需要が増えたのに応えて、
 
京都の風土や文化に沿った
 
紋様になっています。
 
 
江戸千代紙は京千代紙より
 
後に発展しましたが、
 
京を上回る需要がありました。
 
 
歌舞伎や芝居をモチーフにした
 
江戸特有の風土に根ざしたものが多いです。
 
 
 
 
 
金唐革紙(きんからかわし)
 
 
江戸時代にオランダの交易船がもたらした
 
ヨーロッパの金唐革を
 
紙で模した擬革紙(ぎかくし)の一種です。
 
 
金唐草は、金箔や漆で様々な模様をつけたなめし革で、
 
特殊な塗料で金属箔を
 
なめし革に貼ったものです。
 
 
金属箔を塗布した革に
 
型押しして模様を付け、
 
ワニスなどで黄金の装飾を施します。
 
 
江戸時代に入ってきた金唐革は、
 
鎖国の影響もあり価格も高騰したため、
 
貴重で手に入れるのが困難でした。
 
 
そのため、和紙を素材として
 
この金唐草の代用品として作られたのが、
 
金唐革紙です。
 
 
明治時代に
 
ウィーン万国博覧会・パリ万国博覧会など、
 
各国の博覧会で好評となりました。
 
 
大蔵省印刷局の品質改良もあり、
 
欧米に輸出されました。
 
 
鹿鳴館など、明治の洋風建築に
 
多く用いられました。
 
 
金唐革紙は、昭和初期には衰退し、
 
現存する工芸品や建築物は
 
貴重な文化財となっています。
 
 
 

 
 
現在の和紙は、
 
書道用紙、工芸品、表具用紙などに
 
多く使われています。
 
 
外国でも、
 
その耐久性や保存性は
 
大きな注目を集めています。
 
 
歴史的絵画の修復や美術紙としても
 
広く評価されています。
 
 
 
金唐革紙をはじめ、
 
年々和紙づくりの技術継承も難しくなっていますが、
 
外国に誇れる日本文化として、
 
残っていってほしいものですね。
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
いろいろなデザイン制作を行っています。
 
会社案内、パンフレット、リーフレットなど、
 
 
「作りたいけど自社でデザインするのは、ちょっと大変かも・・・」
 
「今ある販促物の、改版をしたい」
 
「新しい販促物で集客をしたい」
 
 
など、様々なご要望にお応えいたします。
 
目的や状況に合わせてプランがお選びいただけます。
 
ネット注文から、お電話、FAXでも承っております。
 
お気軽にご相談ください。
 
ぜひ、デザイン工房.comのホームページをご覧ください。
https://www.desi-k.com/

 
 

(Visited 23 times, 1 visits today)

デザイン制作を依頼する