ポスター・チラシ・パンフレット・会社案内・DM・名刺のデザイン制作専門サイト

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • FaceBook
  • twitter
  • RSS
メールでの問い合わせ
Blog

まるい形からデザインを考える⑥~神に関わる丸~

公開日:2017-11-6


 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
古代から現代、日本から諸外国において
 
人々が信仰する神とまるい形は
 
深い関わりをもってきました。
 
 
 
古い書物の記述に
 
「神様はまんまるな形をしている。
 
その中心は世界のあらゆる場所に見つかり、
 
どこまでも広がっていて終わりがない」
 
とあります。
 
     (参考:「ブルーノ・ムナーリかたちの不思議2円形」(平凡社)) 
 
 
 
今日は神様に関わる
 
まるい形を調べてみました。
 
 
 
 
 
 

 
 
太陽神
 
 
太陽神は太陽を神格化し、
 
信仰の対象としたものです。
 
 
太陽神は
 
世界各国の神話に登場し、
 
呼び名も様々です。
 
 
古代より世界各地で崇められ、
 
太陽の崇拝と伝承により、
 
太陽神の信仰が形成されました。
 
 
その太陽神の絵には必ず、
 
太陽を表すまるい形が
 
描かれていました。
 
 
古代エジプトの宗教では、
 
太陽神は鷹もしくは、鷹の顔をもった人が
 
太陽の円盤を手にした姿で
 
表現されていました。
 
 
第18代王朝の時に太陽神ではなく、
 
本物の太陽を崇拝する
 
新しい宗教を推奨しました。
 
 
それ以降太陽神は
 
単に光を放つ円盤として
 
描かれるようになりました。
 
 
日本でも
 
天照大神の天岩戸の神隠れという
 
有名な話があります。
 
 
 
 
 
 

 
 
光輪
 
 
光輪とは
 
聖なるものの後ろに描かれた
 
円形の美しい光の輪です。
 
 
光背、アウレオラとも呼ばれます。
 
 
中世のキリスト教美術が典型的な例ですが、
 
古代からもっと以前の
 
超自然的な崇高さを表すものとして
 
使用されています。
 
 
ルネサンス時代には
 
一時衰退しますが、
 
バロック期以降の宗教美術に
 
再び登場します。
 
 
有名なものに
 
イタリアの聖フランチェスコの
 
肖像画があります。
 
 
仏教でも
 
仏や菩薩のからだから発する
 
円満の光などがあります。
 
 
 
 
 
 

 
 
陰陽
 
 
中国の古代思想で
 
森羅万象や宇宙のすべてのものに
 
陰と陽という2つの気があり、
 
相互に対立しているという考え方です。
 
 
万物の生成や消滅は
 
この2つの気によって
 
起こるとされています。
 
 
陰陽は
 
性質が受動的なものと
 
能動的なものに分けられます。
 
 
どちらかが善で
 
どちらかが悪であるということではなく、
 
陽は陰があって陰は陽があって
 
はじめて1つの要素となることができます。
 
 
具体的には陰は、
 
男、暗、柔、水、冬、夜、植物など、
 
それに対して陽は、
 
女、光、明、剛、火、夏、昼、動物などです。
 
 
対になっているものを表します。
 
 
性別や位置、方向から
 
感触、文化にいたるまで
 
さまざまなものがあります。
 
 
 
 
陰陽を表す
 
白と黒との対比で表した図を
 
太極図と言います。
 
 
太極図は歴史上、
 
さまざまに描かれてきました。
 
 
ですが、どの太極図においても
 
太極図自体は円を使って
 
描かれてきました。
 
 
太極図が初めて文献に登場するのは
 
北宋の周 敦頤の書いた
 
「太極図説」という著書です。
 
 
中国では道教や易経の影響で
 
陰陽が広まったため、
 
太陽や月を神格化する
 
太陽神などの考え方は広まりませんでした。
 
 
 
 
 
 
他にも魔法陣や占いの道具など
 
昔から人が神と関わる時には
 
まるい形が使われてきました。
 
 
 
人々は古代から
 
自然の中にまるい形を見て、
 
それを神と崇め、
 
つながるための形として
 
認識していたのかもしれないですね。
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
もちろんまるい形のデザインだけでなく、
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「チラシ、パンフレットのデザインを変更したい」
 
「DM、ポスター告知で販促につなげたい」
 
「企業ロゴや名刺を作りたい」
 
 
など、お客様の様々なご要望にデザインのチカラでお応えいたします。
 
目的や予算に合わせて、コースもお選びいただけます。
 
お電話、FAXでも承っております。
 
お気軽にお問合せください。
ぜひ、デザイン工房.comのホームページをご覧ください。
https://www.desi-k.com/

 
 
 

(Visited 24 times, 1 visits today)

デザイン制作を依頼する