ポスター・チラシ・パンフレット・会社案内・DM・名刺のデザイン制作専門サイト

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • FaceBook
  • twitter
  • RSS
メールでの問い合わせ
Blog

まるい形からデザインを考える⑦~建築物の丸~

公開日:2017-12-4


 
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
古代から現代まで
 
まるい形は建築物にも
 
たくさん使われています。
 
 
その領域は世界各国に及び、
 
種類も様々なものがあります。
 
 
 
住居をはじめ、
 
宗教的建築物、国の象徴的な建物、
 
教育の場、観戦、観覧の場所としてなど、
 
それらの建築物のもつ役割や用途によっても
 
まるい形が機能的にも美観的にも
 
多くの意味をなしています。
 
 
 
今日は建築物の
 
まるい形について
 
調べてみました。
 
 
 
 
 

 
 
ドーム
 
 
 
建築での屋根の形式の1つです。
 
 
構造的には、
 
アーチと類似した形をしていて、
 
アーチの頂点の部分を中心に
 
水平に回転させた形をしています。
 
 
 
建物自体の重さや建物に関わる他の重さを
 
水平方向である面内に沿って下に伝わるので、
 
屋根を支える支柱や壁が
 
不要になることも多くあります。
 
 
 
ドームは、
 
最初は人が住む住居として作られ、
 
世界最古のドームは
 
マンモスの牙と骨格で作られた
 
住居だとされています。
 
 
 

 
 
ローマでは古くから
 
木、石、レンガ、陶器、コンクリートなどを使って
 
ドーム形の建築物を作りました。
 
 
 
ローマで最大のドームは
 
元々は神殿として建てられた
 
パンテオンです。
 
 
 
構造は分厚い円形の建物の上に
 
鉄筋のないコンクリートの
 
ドームが乗っています。
 
 
 
パンテオンは千年以上、
 
世界最大のドームでした。
 
 
 
キリスト教以前のドームは
 
人の暮らしと関係の深い
 
浴場や別荘、宮殿、墓などでしたが、
 
キリスト教が全盛期を向かえてからは、
 
宗教的建築の象徴としての
 
意味を持つようになりました。
 
 
 

 
 
ドームにも様々な種類や形があります。
 
 
 
ロシア建築のドームは
 
楕球と円錐を組み合わせたような形状で
 
たまねぎドームと呼ばれています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
天文台
 
 
天体や天体現象の観測を行う施設です。
 
 
また、観測した結果をもとに
 
解析や分析を行い
 
天文学の研究を行っています。
 
 
 
現代では
 
天文学の教育の場や
 
宇宙の観察や学習を行う場所としての
 
役割も持ち合わせています。
 
 
中でも天体観測ドームは
 
天文台の象徴です。
 
 
 
天体観測をする天体望遠鏡を格納し、
 
天体望遠鏡を安全に守る働きをします。
 
 
全天を向く天体望遠鏡は
 
360度方位を変えるため、
 
天体観測する場が
 
円形である必要があります。
 
 
 
日本最古の天文台は
 
日本書紀に登場する天文台で、
 
占星術による天文を
 
主としていました。
 
 
天文台という呼び名は
 
浸透していませんでしたが
 
時代が進むにつれ、
 
測量台、観象台などという言葉で
 
登場しています。
 
 
 
天文台と呼ばれるようになってきたのは、
 
明治時代のことです。
 
 
葛飾北斎の画「鳥越の不二」の中に、
 
浅草の天文台が登場していますが、
 
まるい形で描かれています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
サイロ
 
 
農作物、家畜の飼料を
 
おいておく倉庫のことです。
 
 
工場では粉体のものや粒体の製品を
 
一時的に貯蔵するタンクを
 
サイロと呼ぶこともあります。
 
 
 
基本的には
 
米や小麦、とうもろこし、大豆などの
 
農作物が貯蔵されていることが多いです。
 
 
 
サイロには施設型と可搬型があり、
 
施設型には形状によっても
 
様々な種類があります。
 
 
石やレンガ、コンクリートなどで建てられていて、
 
牧草やとうもろこしなどの
 
家畜の飼料や作物が貯蔵されています。
 
 
 
可搬型は、運搬や移動が可能であり、
 
ラップサイロ、バッグサイロ、チューブサイロ
 
などがあります。
 
 
 
日本最古のサイロは
 
小岩井農場にある1号サイロで、
 
国の有形文化財となっています。
 
 
日本では
 
北海道の牧草地帯などに
 
よく見られます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
他にも東京ドームをはじめ、
 
人々がスポーツ観戦やイベントを
 
楽しむ施設にも使われたり、
 
教育の場として学校の建物にも
 
まるい形が使用されています。
 
 
 
最近では環境やエコの観点から
 
ドーム・ハウスも
 
新たな注目を浴びています。
 
 
 
まるい形を建築に使った歴史は古く、
 
古代から現代にまで
 
その形を活かした
 
たくさんの建築がされています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
もちろんまるい形のデザインだけでなく、
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「チラシ、パンフレットのデザインを改版したい」
 
「DM、ポスター告知で販促につなげたい」
 
「企業ロゴや名刺を作りたい」
 
 
など、お客様の様々なご要望にデザインのチカラでお応えいたします。
 
目的や予算に合わせて、コースもお選びいただけます。
 
お電話、FAXでも承っております。
 
お気軽にお問合せください。
ぜひ、デザイン工房.comのホームページをご覧ください。
https://www.desi-k.com/

 
 
 

(Visited 6 times, 1 visits today)

デザイン制作を依頼する