ポスター・チラシ・パンフレット・会社案内・DM・名刺のデザイン制作専門サイト

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • FaceBook
  • twitter
  • RSS
メールでの問い合わせ
Blog

紙のお話⑨~洋紙の種類から見る図画用紙~

公開日:2018-01-15


 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
私たちの身近にある紙は、
 
紙に書かれたものを見る、読むという
 
印刷用途の他にも
 
自分たちで文字や絵を書きつけるために使う
 
といった場合もあります。
 
 
 
印刷用紙は印刷に適していることが
 
最も大事な要素ですが、
 
字を書く、絵を描くときにも
 
それらの目的にふさわしい
 
紙の特徴や種類があります。
 
 
 
図画用紙は、
 
保育園や幼稚園でのお絵かきなど、
 
小さい頃から私たちの身近にありましたね。
 
 
 
今日は絵を描く時に用いられる
 
図画用紙について調べてみました。
 
 
 
 
 
 

図画用紙とは

 
 
 
図画用紙は画用紙とも呼ばれ、
 
図画を描く時に用いられる厚手の紙です。
 
 
 
紙には化学パルプが使用されています。
 
 
JISでは化学パルプ100%のものが
 
製図や絵画用に用いられ、
 
30%のものが児童の図画用などに
 
使用されています。
 
 
 
白いものが一般的ですが、
 
色つきの色画用紙などもあります。
 
 
 
平滑性が必要な印刷用紙に比べて、
 
適当な凹凸があり、
 
描くために使用する画材道具が
 
滑らないことが必要です。
 
 
 
また、スケッチなどでは
 
鉛筆を使用して描き、
 
修正には消しゴムを使用するので、
 
一定の強度や毛羽立ちにくいという
 
特徴もあります。
 
 
 
画用紙という意味の語が
 
文献に登場したのは、18世紀ごろですが、
 
それ以前から図画の目的でも
 
紙が使用されていました。
 
 
 
日本でも洋紙が一般的になったのは
 
明治時代以降ですが、
 
以前は和紙にも図画が
 
描かれていたようです。
 
 
 
画用紙の中でも
 
描く画材の種類や描く事柄によって
 
さまざまな種類があります。
 
 
 
今日はその一部を調べてみました。
 
 
 
 
 
 

 
 
ケント紙
 
 
イギリスのケント地方で作られたので
 
この名がついています。
 
 
 
図画や製図用、名刺などにも
 
使用されています。
 
 
 
画用紙の中でも硬めで
 
にじみにくい特徴を持った紙です。
 
 
紙色は純白で上質紙の高級紙です。
 
 
原料は基本的には化学パルプで作られますが、
 
高級品には綿パルプなども使用されています。
 
 
 
製図やチラシ、パンフレットなどの
 
デザイン用に適しています。
 
 
 
 
 

 
 
水彩紙
 
 
紙の目が荒目、中目、細目のものなどがあり、
 
それによって種類もさまざまなものがあります。
 
 
 
荒い紙目のものほど吸収性がよく、
 
描かれた絵は凹凸の紙目によっても
 
印象の違いがあります。
 
 
 
水彩紙は紙の製造過程で
 
サイジング処理という
 
絵の具がにじまない処理が
 
行われています。
 
 
 
このため、絵の具が表面に溜まり、
 
流れてしまうのを防いで、
 
絵の具本来の発色を
 
壊さずに保ってくれます。
 
 
 
 
 

 
 
木炭紙
 
 
素描や下絵など木炭で描かれる
 
木炭画に使用されます。
 
 
 
比較的軽量で、紙の表面は
 
荒くしなやかな粘りがあります。
 
 
 
手触りはザラザラしていて
 
規則的な凹凸があります。
 
 
 
16~17世紀のイタリアや
 
有名なものでは、19~20世紀の
 
フランスのマネや印象派のドガなどの作品にも
 
使われています。
 
 
 
木炭は古くは
 
人が洞窟などに記号や図を書き残したことから
 
最も古い画材だとされています。
 
 
 
ルネサンス以降に
 
下絵の作成などに使用される画材として
 
注目されました。
 
 
 
 
 
画用紙は何枚も重ねて
 
リング状の輪に通したスケッチブックや
 
ロール状のものなど
 
さまざまな形にもなっています。
 
 
 
絵は文字より先に描かれることが
 
ほとんどですね。
 
 
 
我が家にも幼い頃には
 
スケッチブックやカンバスが
 
山のようにあったので、
 
生まれて家の中で初めに見たものは
 
父親の描いた絵だったかもしれないですね(笑)。
 
 
スケッチブックを見ると
 
なんとなく懐かしい気分になるのは
 
そのせいかもしれません。
 
 
 
 
 
 
いにしえの時代から現代まで、
 
そして小さい子供から大人まで
 
絵を描くための図画用紙は
 
さまざまな形で使用されてきました。
 
 
 
絵を描くということは、
 
人にとって楽しみであり、
 
絵という最も基本的な形を
 
最初に認識するものだから
 
ではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
いろいろなデザイン制作を行っています。
 
 
「チラシ、ポスターを制作したい」
 
「名刺や会社案内を作成して営業に役立てたい」
 
「パンフレットのデザイン変えをしたい」
 
 
など、お客様の様々なご要望にお応えいたします。
 
コストや状況に応じてプランもお選びいただけます。
 
ネット注文から、お電話、FAXでも承っております。
 
お気軽にご相談ください。
 
ぜひ、デザイン工房.comのホームページをご覧ください。
https://www.desi-k.com/

 
 
 

(Visited 139 times, 1 visits today)

デザイン制作を依頼する