ポスター・チラシ・パンフレット・会社案内・DM・名刺のデザイン制作専門サイト

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • FaceBook
  • twitter
  • RSS
メールでの問い合わせ
Blog

まるい形からデザインを考える⑨~現代につながる丸~

公開日:2018-02-5


 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
古来から続いている
 
まるい形もあります。
 
 
今でも私たちの身近にある
 
まるい形のものも多いです。
 
 
 
今日は古来からそのまるい形を変えずに、
 
現代まで形を保ってきたものについて
 
調べてみました。
 
 
 
 
 
 

 
 
時計
 
 
時計は時刻を人が認識するために
 
作られたものです。
 
 
まだ歴史が残される前から、
 
人や動物は太陽が昇ってきて明るくなる朝昼と
 
太陽が沈んでいて暗い夜を
 
区別する概念を持っていたとされています。
 
 
機械の時計が発明される前は
 
自然界のものを使って、
 
時の長さを計量していたと思われます。
 
 
紀元前2000年頃に発明された日時計、
 
小さな穴から個体や液体が落ちる速度を測って
 
時間の目安にした水時計、砂時計などがあります。
 
 
日時計は太陽が当たる影を目で見て
 
確認して時刻を知るものです。
 
 
水時計、砂時計などの時計の元となるものは
 
紀元前1400年から紀元前700年ごろの間に
 
エジプトや中国などで考えられました。
 
 
そしてここから機械式時計が
 
考案されるようになりました。
 
 

 
 
時計の構造は、時間の間隔をつくる装置、
 
時間間隔を単位時間に変換する装置、
 
時間を表示する装置、動力装置などがあります。
 
 
時計は大きく分けて、身に着けるウォッチと、
 
それ以外のクロックと呼ばれるものとがあります。
 
 
また、時計の形態も腕時計をはじめ、
 
懐中時計、置時計、掛け時計、鳩時計などのからくり時計、
 
花壇に置かれる花時計など、
 
用途や種類によってさまざまなものがあります。
 
 
現代は機能や時計が持つ役割も多様化し、
 
さまざまな改良と機能の追加がなされています。
 
 
 
 
 
 

 
 
車輪
 
 
車輪は車や車両に取り付けられる円形の輪です。
 
 
大きくて重いものを動かしたり、
 
移動させるときに必要となる力を
 
軽減させる役目があります。
 
 
車輪の存在は
 
とても古くから見られます。
 
 
そして古代では最も重要な
 
発明だとされています。
 
 
車輪の起源は
 
円形の形のものの運動という考え方が必要であり、
 
その前にはまるい形を認識して
 
描くことが必要でした。
 
 
その元となったのは、
 
ろくろだとされています。
 
 
車輪は古来から発掘された絵の中にも登場していて、
 
その最古のものはポーランド南部で出土した
 
紀元前3500年ごろのものです。
 
 

 
 
車輪の働きは、地面に物体を押し付ける力が働くとき、
 
その物体の移動をスムーズに行える
 
助けをするものです。
 
 
形状は放射状、うず巻き状、ディスク状、メッシュ状などがあります。
 
 
車輪には文化的な意味もあり、
 
パナマの国章や国のロゴなどにも
 
使用されています。
 
 
また、インドでの国旗でも
 
糸車として旗の真ん中に車輪を模した
 
マークがあります。
 
 
 
 
 
 

 
 
指輪
 
 
古来からものや人との契りを結ぶための
 
指にはめる環状の装身具です。
 
 
指輪の発祥は神話に描かれているものや
 
結び目が元になっている説など、
 
諸説があります。
 
 
また、装飾、魔除け、身分の象徴などの
 
意味もあります。
 
 

 
 
イタリアではヴェネツィアで
 
「海との結婚」と呼ばれる
 
儀式があります。
 
 
元は航海の中で海を渡るものたちのために、
 
海が穏やかであることを願って
 
祈りが捧げられたものに、
 
キリスト教的な意味合いが加えられ、
 
指輪も投げられるようになりました。
 
 
これは、海とヴェネツィアが一心同体であるという
 
宣言とともに指輪が海に投げ込まれます。
 
 
ローマ法王のつける指輪は
 
「漁師の指輪」と呼ばれる
 
純金の指輪です。
 
 
表には使徒ペトロが
 
漁をする様子が描かれています。
 
 
法王の書簡の封印などに
 
使用されます。
 
 
 
 
これらのものが出土された古い時代から
 
そのまるいという形を変えずに、
 
現代の人たちもふだんから使っているものとして
 
受け継がれてきた歴史を考えると、
 
その重みとすごさを感じますね。
 
 
古代の人がどのようにして
 
まるい形を描くことができるようになったかということは、
 
考古学上には残されていないようですが、
 
紀元前3000年以前にも
 
正確な円で描かれている粘土や骨が
 
見つかっているようです。
 
 
これらのことが現代にもつながり、
 
私たちが描くデザインにも
 
つながっているのですね。
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
もちろんまるい形のデザインだけでなく、
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「チラシ、パンフレットのデザインを改版したい」
 
「DM、ポスター告知で販促につなげたい」
 
「企業ロゴや名刺を作りたい」
 
 
など、お客様の様々なご要望にデザインのチカラでお応えいたします。
 
目的や予算に合わせて、コースもお選びいただけます。
 
お電話、FAXでも承っております。
 
お気軽にお問合せください。
ぜひ、デザイン工房.comのホームページをご覧ください。
https://www.desi-k.com/

 
 
 

(Visited 56 times, 1 visits today)

デザイン制作を依頼する