ポスター・チラシ・パンフレット・会社案内・DM・名刺のデザイン制作専門サイト

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • FaceBook
  • twitter
  • RSS
メールでの問い合わせ
Blog

春の風を感じてデザイン。風を表すデザイン。

公開日:2018-04-16
最終更新日:2018-04-16


 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
春のあたたかい日が続きますね。
 
 
お天気もしばらくいいようで、
 
初夏に向かって
 
気持ちいい気候が続きそうです。
 
 
 
でも、冬から春になる時には
 
春一番、春の嵐など、
 
気圧や気流の変化があって
 
落ち着かない空模様のことも多いですね。
 
 
 
デザインによく用いられることの多い
 
春の自然のものは、やはり桜ですが、
 
春は風もイメージしやすいですね。
 
 
 
桜の花びらが散るときにも、
 
下から見ると
 
桜が静かにひらひらと
 
落ちてくるような様子も表されますが、
 
川沿いや公園などでも
 
風の力で激しく舞いながら
 
落ちてくる様もよく描かれています。
 
 
 
春のデザインには
 
いろいろなところで
 
風が使われています。
 
 
 
今日は春の風について調べてみました。
 
 
 
 
 
春の風の特徴
 

 
 
冬から春に変わるとき、風は強く、
 
しばしば大風になります。
 
 
 
日本では2月下旬ごろから
 
これまで冬の西高東低の気圧配置だったのが、
 
南から生暖かい風が入ってきて
 
ぶつかり合い、強い風となります。
 
 
これを春一番と言い、
 
その年初めて吹いた南風のことを表します。
 
 
 
ニュースでもよく取り上げられ、
 
体感温度や気温が低くても
 
人々に春の到来を知らせてくれます。
 
 
 
春一番は立春から
 
春分の前日までの間に吹いた
 
はげしい風です。
 
 
 
これと同じような
 
春の嵐と呼ばれる
 
3月以降に強く吹く
 
南風もあります。
 
 
 
ただこの不安定な時期を過ぎると、
 
天気も回復し
 
風もさわやかなものに
 
変わってきます。
 
 
 
夏に向けて初夏が始まり
 
梅雨時期までは
 
過ごしやすい日が多くなりますね。
 
 
 
 
 
 
 
春の風を表す言葉
 

 
 
日本語の風の名前のつけ方には
 
さまざまなものがあります。
 
 
 
風の吹く方向からつけられるものや
 
風の強さによってつけられるものなど
 
があります。
 
 
 
また、季節によっても違いがあり、
 
古来から和歌や俳句にも詠まれて
 
季語となっているものも多くあります。
 
 
 
春の風を表すものとして有名な
 
春一番の他にも
 
春の風を表す言葉が
 
たくさんあります。
 
 
 
春風
 
おだやかな春の風を表します。
 
 
 
春颯(はるはやて)
 
颯(はやて)とは
 
雨や風が急に激しくなる様のことで、
 
これが春にも多く
 
春颯(はるはやて)、はやちなどと
 
呼ばれます。
 
 
突風が吹いたり、
 
竜巻が起こることもあります。
 
 
寒冷前線の影響によるものです。
 
 
 
旋毛風(つむじかぜ)
 
人の頭髪部の渦巻きに似た渦になる風です。
 
 
旋風、辻風とも呼ばれ、
 
春に多く見られます。
 
 
道路の角や運動場などでよく見られ、
 
春の運動会などでも
 
砂や塵、ほこりなどを
 
空中に舞い上げます。
 
 
 
桜真風(さくらまじ)
 
真風(まじ)とは、
 
伊豆半島から瀬戸内海地方で使われる
 
風の名前です。
 
 
春から夏にかけて吹く
 
弱い南風で、
 
桜の咲くころに吹くものを
 
桜真風と言います。
 
 
 
 
 
 
 
春の風に見るデザイン
 

 
 
風は目に見えないので、
 
風をそのまま形にするのは
 
難しいですね。
 
 
でも、実際に目に見えるものや
 
形のあるものを使って
 
さまざまな表現がされています。
 
 
 
デザインに使われやすいのは
 
風と同じく空にある風を動かす
 
雲の動きを表したものが
 
多いと思われます。
 
 
ですが、他にも
 
デザインに使われる風を表す表現は
 
たくさんあります。
 
 
 
その中でも
 
春らしい風を表すデザインの
 
表現方法を考えてみました。
 
 
 
桜の花びらが風に舞っている

 
 
 
 
こいのぼりが風にたなびいている

 
 
 
 
たんぽぽの綿毛が風にのって飛んでいる

 
 
 
 
草花が風に揺れている

 
 
 
 
海面でさざ波がたっている

 
 
 
 
 
 
他にもたくさんあると思いますが、
 
そのデザインに合った
 
表現を選ぶといいですね。
 
 
 
有名な演劇の少女マンガでも、
 
演劇の課題で「風」という
 
テーマの課題に対して
 
一人の女の子は
 
風の強さや風の動きなど風そのものを表し、
 
もう一人は
 
風によって髪が少しだけ肩の後ろに流れるという
 
演技で表しました。
 
 
 
そのマンガを読んだとき、
 
その2種類の全く違う
 
風の表現のしかたは
 
とても印象に残り、
 
今でも長いお話の中で
 
私の好きなシーンの1つです。
 
 
 
デザインでも風を表すのに
 
アイデアの工夫で
 
そのシチューエーションや
 
クライアントが表現してほしい
 
「風」が表せるといいですね。
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「季節に合わせたデザインにしたい」
 
「ポスター、POPで告知をしたい」
 
「チラシで季節のキャンペーンを打ち出したい」
 
 
など、お客様のいろいろなご要望にデザインのチカラでお応えいたします。
 
コストや状況に応じてプランもお選びいただけます。
 
ネット注文から、お電話、FAXでも承っております。
 
お気軽にご相談ください。
 
ぜひ、デザイン工房.comのホームページをご覧ください。
https://www.desi-k.com/
 
 
制作事例もこちらからご覧いただけます。
https://www.desi-k.com/portfolio_list
 
 
(Visited 26 times, 1 visits today)

デザイン制作を依頼する