ポスター・チラシ・パンフレット・会社案内・DM・名刺のデザイン制作専門サイト

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • FaceBook
  • twitter
  • RSS
メールでの問い合わせ
Blog

いろいろなデザインの種類⑤~Webデザイン~

公開日:2018-07-9
最終更新日:2018-09-25


 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
インターネットの普及により、
 
デザインは印刷物のグラフィックデザインや
 
立体的な物のデザインである
 
プロダクトデザインだけでなく
 
さまざまな環境や状況に合わせた
 
デザインが必要になってきました。
 
 
 
その代表的な1つがWebデザインです。
 
 
 
現在ではその必要性や人気も年々高まり、
 
グラフィックデザインからWebデザインに
 
移行する人や企業も増えました。
 
 
 
今日はWebデザインについて調べてみました。
 
 
 
 
 
 
 

 
 

Webデザインとは

 
 
主にホームページなど
 
インターネット上の企業や個人の
 
Webサイトのデザインのことです。
 
 
 
Webデザインでは
 
1ページのデザインが
 
どう見えるかということも大事ですが、
 
そのサイト全体のデザインも
 
非常に重要な要素になってきます。
 
 
 
また紙のデザインと違い、
 
ページの動きやクリックするボタンの利便性など
 
サイトに来てくれたユーザーが
 
興味を示し使いやすいことも
 
必要になってきます。
 
 
 
そしてWebサイトを作る時には
 
コーディングという、
 
デザインのレイアウトを
 
Web上で表すための
 
プログラミング言語を書きます。
 
 
 
コーディングは
 
プログラマーという
 
プログラムを専門的に書く仕事と
 
分業される場合もありますが、
 
そのままWebデザインの1つとして
 
含まれることもあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

Webデザインの特徴

 
 
Webデザインは
 
グラフィックデザインに比べると
 
歴史が浅いものです。
 
 
 
基本的な元々のデザインの考え方や要素は
 
グラフィックデザインと変わらないものです。
 
なので、グラフィックデザイナーから
 
Webデザイナーになる人も多くいました。
 
 
最近では最初から
 
専門的にWebデザインを
 
目指す人も多いです。
 
 
 
グラフィックデザインと違う大きな特徴は、
 
色の基本がRGBであること、
 
写真の容量が少ないことが
 
あげられます。
 
 
 
グラフィックデザインの色の基本は
 
印刷用の
 
C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)
 
ですが、
 
Webデザインでは
 
見るのが画面上になるので
 
R(レッド)G(グリーン)B(ブルー)
 
になります。
 
 
 
これは画面が発光を利用して色を出すため
 
光の三原色が基本であるのに対して、
 
印刷は色の三原色が基本となるためです。
 
 
 
写真の解像度も
 
印刷では350dpiが基本であるのに対し、
 
Webの場合は72dpiとなります。
 
 
Webでは基本的に
 
容量を軽くすることも
 
重要なことになってきます。
 
 
 
各ページのデザインの統一性や
 
ページを移ったり飛んだりする
 
順序や方向なども考慮されます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

Webデザインに関わること

 
 
Webデザインが発達したことにより
 
それに関わる様々なデザインや
 
デザインに関連する考え方も
 
広まりました。
 
 
 
そのサイトを単に美しく見せるだけでなく、
 
どのようにしてそのサイトに呼び込むかという
 
マーケティングや、
 
サイトに入ってきてくれたユーザーにとって
 
見やすく分かりやすい、また使いやすい
 
といった利便性のアクセシビリティ
 
とも深く関わっています。
 
 
 
Webデザインを考えるときには
 
それらも一緒に考えられて
 
作られていることが非常に多いです。
 
 
 
またサイトが見られるためには
 
Googleなどの検索エンジンで
 
上位にあげられるようにする
 
SEO対策も必要になります。
 
 
 
現在ではパソコンより
 
スマートフォンで見られることの方が
 
増えてきていたり、
 
iPadなどの使用もあるので、
 
それぞれで見る環境に合わせた
 
デザインも求められます。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
Webデザインは単にデザインだけでなく
 
非常に多くの事柄が必要になってきます。
 
 
日々の進化も激しく、
 
プログラミングの言語や
 
アプリケーションなども、
 
すぐに新しいものが出てきます。
 
 
 
また、デザイン自体の変化のスピードも
 
著しくなっています。
 
 
Webボタンのデザイン1つをとってみても、
 
初めは立体的なデザインが多かったのに対し
 
最近ではフラットのデザインが好まれて
 
多く使われるようになっています。
 
 
 
なので、新しい情報を常に知っておくことや
 
その流れについていくことも
 
必要になってきます。
 
 
 
移り変わりが激しく
 
常に新しいことと向き合いながら
 
サービスを提供していかなければならないのが
 
Webデザインです。
 
 
 
その進化の元には
 
それをふだん使う
 
ユーザーの求めるものの
 
進化があると思われます。
 
 
 
常に新しいことを見出し、
 
それに呼応していく人の欲求は
 
人間の本能の部分でも
 
あるのかもしれませんね。
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「集客に必要なチラシを作成したい」
 
「読みやすい、わかりやすいパンフレット、カタログを作りたい」
 
「DMを配布して売り上げをあげたい」
 
 
など、お客様のいろいろなご要望にデザインのチカラでお応えいたします。
 
コストや状況に応じてプランもお選びいただけます。
 
ネット注文から、お電話、FAXでも承っております。
 
お気軽にご相談ください。
 
ぜひ、デザイン工房.comのホームページをご覧ください。
https://www.desi-k.com/
 
 
制作事例もこちらからご覧いただけます。
https://www.desi-k.com/portfolio_list
 
 
(Visited 94 times, 1 visits today)

デザイン制作を依頼する