ポスター・チラシ・パンフレット・会社案内・DM・名刺のデザイン制作専門サイト

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • FaceBook
  • twitter
  • RSS
メールでの問い合わせ
Blog
クリスマス商戦も始まりました。デザインもクリスマス仕様に。

投稿日:2017-11-20


 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
ハロウィンが終わると
 
一気にクリスマスモードに突入ですね。
 
 
広告業界では、
 
ハロウィンが終わった次の日の
 
11月1日から早速クリスマスの広告が
 
使用され始めます。
 
 
 
日本のイベントの経済効果では
 
やはりクリスマスが群を抜いて一位を
 
キープし続けています。
 
 
クリスマスの次には
 
年末・年始もひかえているので、
 
一年で最もおサイフのひももゆるむ
 
時期かもしれないですね。
 
 
 
この時期は、
 
消費者の消費活動が最も活発になり、
 
売り手もそれを考えた
 
様々な戦略を考えます。
 
 
その競い合いを一般的に
 
クリスマス商戦と呼びます。
 
 
それに伴って、広告も
 
クリスマスの雰囲気を出す華麗なものから、
 
サンタクロースなどを使ったユニークなものまで
 
さまざまなものが作成されています。
 
 
 
今日は
 
クリスマスのデザインに最もよく使われる
 
クリスマスツリーとサンタクロースについて
 
調べてみました。
 
 
 
 
 
 

 
 
クリスマスツリー
 
 
クリスマスが近づくにつれ、
 
街中ではクリスマスツリーが飾られ、
 
いっそうクリスマスムードも
 
高まりますね。
 
 
クリスマスツリー点灯式の
 
イベントなども行われ、
 
年々クリスマスツリーの
 
華やかさも増しています。
 
 
 
ツリーになる木は
 
知恵の樹の象徴とされ、
 
聖樹とも呼ばれています。
 
 
 
日本では主に
 
マツ科の針葉樹である
 
モミの木が使われています。
 
 
他にも、トドマツやエゾマツなども
 
使用されます。
 
 
これらの木が使われるのは
 
冬の間、緑の葉を保つため
 
生命力の象徴とされているからだそうです。
 
 
 
家庭用には
 
飾りつけとセットで用いられる
 
プラスチック製のものが
 
多く販売されています。
 
 
 
クリスマスツリーに飾りつけをするのは、
 
子供の楽しみでもありますね。
 
 
私も幼いころから
 
楽しみにしていた1つでした。
 
 
 
広告でも一般的に
 
クリスマスの象徴とされているツリーは
 
メインとしてよく使用されています。
 
 
 
 
 
 

 
 
オーナメント
 
 
クリスマスツリーの1番上の部分には、
 
星のオーナメントがよく使用されます。
 
 
 
これは
 
ベツレヘムの星にちなんで
 
星が使われているようです。
 
 
 
他にもリンゴや、
 
杖の形をした飴のキャンディ・ケイン、
 
リボンやベルなどさまざまなもので
 
飾り付けがされています。
 
 
ツリーの全体は
 
モールや電球なども用いられ、
 
飾り付けにさらに華やかさも加えられます。
 
 
 
デザインでは、
 
オーナメントのひとつひとつも
 
クリスマスイメージとして
 
使用されることも多くあります。
 
 
 
 
 
 

 
 
サンタクロース
 
 
クリスマスの前日の
 
クリスマス・イヴの夜に
 
子供たちにプレゼントを配る
 
おじいさんです。
 
 
一般的には、
 
空を飛ぶトナカイのソリに乗っていて
 
白いひげと赤い服が象徴的で、
 
プレゼントをたくさん持っている
 
イメージですね。
 
 
 
サンタクロースの由来は、
 
聖ニコラオスの伝説が
 
起源となっています。
 
 
語源はオランダで、
 
「聖ニコラオス」をオランダ語にすると
 
「シンタクラース」となり、
 
そこからサンタクロースとなったそうです。
 
 
 
カナダでは、
 
サンタクロース宛専用の郵便番号
 
「HOHOHO」があるそうです。
 
 
イギリスでは
 
サンタクロースは
 
緑色の服を着ています。
 
 
 
 
 
 

 
 
国によっても、
 
クリスマスの文化や考え方は
 
様々な違いがあるみたいですね。
 
 
それによって、クリスマスの広告も
 
国によっても違いがありそうですね。
 
 
 
そういえば我が家でも幼い頃は、
 
クリスマスにはクリスマスツリーのまわりに
 
たくさんのプレゼントがあり、
 
親戚などでもプレゼント交換を
 
ふつうにしていたので、
 
日本でもそれがふつうなのだと
 
思っていましたが、その一端でも
 
自分が生まれた国の文化であったようです。
 
 
 
 
 
 
クリスマス商戦は、
 
企業が宣伝や消費を促して
 
売り上げにつなげるというものが多いですが、
 
基本的にはデザインは
 
人の心を幸せにするものでありたいですね。
 
 
 
みなさんもクリスマスに向けて、
 
仕事もプライベートも
 
楽しめるといいですね。
 
 
 
ENJOY HAPPY Christmas!
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
いろいろなデザイン制作を行っています。
 
 
「チラシ、ポスターをクリスマス風にアレンジしたい」
 
「クリスマスのイベント告知ポスターを作りたい」
 
「クリスマス用のカタログを制作したい」
 
 
など、お客様の様々なご要望にお応えいたします。
 
もちろんクリスマス用以外のデザインも行っています。
 
コストや状況に応じてプランもお選びいただけます。
 
ネット注文から、お電話、FAXでも承っております。
 
お気軽にご相談ください。
 
ぜひ、デザイン工房.comのホームページをご覧ください。
https://www.desi-k.com/

 
 
 

(Visited 6 times, 1 visits today)
紙のお話⑥~洋紙の種類から見る新聞用紙~

投稿日:2017-11-13

最終更新日:2017-11-15


 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
わたしたちが毎日のように目にしている
 
本や雑誌、チラシ、書類など
 
そのほとんどが洋紙でできています。
 
 
 
今日はわたしたちの生活の中にも
 
毎日身近に感じる洋紙のことと
 
新聞用紙について調べてみました。
 
 
 

洋紙とは

 
 
洋紙とは西洋から製法が伝来し、輸入された
 
日本古来から作られていた和紙とは
 
異なる区別をされる紙です。
 
 
 
原料は、
 
木材パルプ、わら、麻、紙くずなどさまざまで、
 
それらを混ぜて機械漉きで漉いたものが
 
洋紙となります。
 
 
 
洋紙の種類はたくさんありますが、
 
用途別に考えると、
 
新聞用紙、印刷用紙、筆記用紙、図画用紙、包装用紙
 
などがあります。
 
 
 
 
 
 
中でも毎日触れることが多い
 
新聞に使われる新聞用紙。
 
 
 
新聞をとっていなくても、
 
電車の中や駅の売店などで見かける機会も
 
たくさんありますね。
 
 
 
大きなニュースの時には
 
号外なども配られます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

新聞用紙の特徴

 
 
主に新聞に使用される紙です。
 
 
新聞は、
 
毎日発行される
 
大量に印刷される
 
という特徴があります。
 
 
このため、新聞の印刷に使われる
 
印刷用の機械、輪転機では
 
大量の印刷を短時間で
 
行えるように設計されています。
 
 
そして、新聞は巻取りで印刷されます。
 
 
そのため、
 
紙の流れ目方向に
 
強い力で引っ張られても破れない
 
性質を持つ特色が必要とされています。
 
 
また、新聞はカラーのページも多く、
 
多くの人の目に触れることから
 
見た目の美しさも必要です。
 
 
そのため、新聞に使われる紙は
 
白くて裏抜けしない
 
紙になります。
 
 
大量に印刷され配達されるため、
 
薄くて軽い紙であることも
 
必要な要素です。
 
 
 
新聞用紙の紙の厚さは、
 
0.1mm以下、坪量は52±2g/㎡
 
くらいが基本になります。
 
 
坪量とは、紙の厚さや品質を示す単位で、
 
単位当たりの重量です。
 
 
 
会社や企業によってさまざまですが、
 
重量の目安としては、
 
以下のようになります。
 
 
新聞用紙の重量
 

新聞用紙の名前 重量
H紙 重量紙 52g/㎡程度
S紙 普通紙 48.49g/㎡程度
L紙 軽量紙 46g/㎡程度
SL紙 超軽量紙 43g/㎡程度
XL紙 超超軽量紙 40g/㎡程度

 
 
 
 
 
 


 
 
新聞の使い道

 
 
新聞は中身の内容を読むという
 
本来の目的以外にも
 
新聞用紙の紙の特徴をいかして
 
さまざまな使われ方がされています。
 
 
 
そのいくつかを紹介します。
 
 
 
引っ越しや荷造りの緩衝材
 
 
引っ越しや荷造りの時に
 
荷物をダンボールにつめて
 
すきまをうめるための緩衝材として
 
使用されます。
 
 
特に食器や割れやすい物などは、
 
その物自体を新聞紙にくるみ、
 
さらに物と物の間に丸めた新聞用紙を入れて、
 
衝撃を防ぐ役目をします。
 
 
 
窓ガラスふき
 
 
湿らせた新聞用紙で
 
窓ガラスを拭くと、
 
ガラスがきれいになります。
 
 
新聞で使用される印刷のインクが
 
水分を含むと
 
界面活性剤の役割を果たすからです。
 
 
また、新聞用紙が
 
水分を含んでも破れにくく
 
丈夫であることも要因とされています。
 
 
 
野菜の保存
 
 
新聞用紙で野菜を包むと
 
温度や湿度が一定に保たれ
 
少し長く保存ができます。
 
 
特に葉ものの野菜は
 
新鮮な状態のまま保存できます。
 
 
他にもこどものおもちゃになったり、
 
生活の知恵としての役割を果たしたり
 
新聞用紙の特性はさまざまな用途で
 
毎日の生活に生かされています。
 
 
 
 
 
 
島根県浜田市の世界こども美術館では
 
「新聞の変身展」という、
 
新聞用紙によるアートプロジェクトが
 
開催されています。
 
 
新聞用紙の用途が多種類にわたるのも、
 
新聞自体の制度や習慣と
 
新聞用紙という紙の特質が
 
私たちが毎日生活している中で
 
さまざまな使用方法を
 
生んだのかもしれないですね。
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
いろいろなデザイン制作を行っています。
 
 
「チラシ、ポスターを制作したい」
 
「名刺や会社案内を作成して営業に役立てたい」
 
「パンフレットのデザイン変えをしたい」
 
 
など、お客様の様々なご要望にお応えいたします。
 
コストや状況に応じてプランもお選びいただけます。
 
ネット注文から、お電話、FAXでも承っております。
 
お気軽にご相談ください。
 
ぜひ、デザイン工房.comのホームページをご覧ください。
https://www.desi-k.com/

 
 
 

(Visited 10 times, 1 visits today)
まるい形からデザインを考える⑥~神に関わる丸~

投稿日:2017-11-6


 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
古代から現代、日本から諸外国において
 
人々が信仰する神とまるい形は
 
深い関わりをもってきました。
 
 
 
古い書物の記述に
 
「神様はまんまるな形をしている。
 
その中心は世界のあらゆる場所に見つかり、
 
どこまでも広がっていて終わりがない」
 
とあります。
 
     (参考:「ブルーノ・ムナーリかたちの不思議2円形」(平凡社)) 
 
 
 
今日は神様に関わる
 
まるい形を調べてみました。
 
 
 
 
 
 

 
 
太陽神
 
 
太陽神は太陽を神格化し、
 
信仰の対象としたものです。
 
 
太陽神は
 
世界各国の神話に登場し、
 
呼び名も様々です。
 
 
古代より世界各地で崇められ、
 
太陽の崇拝と伝承により、
 
太陽神の信仰が形成されました。
 
 
その太陽神の絵には必ず、
 
太陽を表すまるい形が
 
描かれていました。
 
 
古代エジプトの宗教では、
 
太陽神は鷹もしくは、鷹の顔をもった人が
 
太陽の円盤を手にした姿で
 
表現されていました。
 
 
第18代王朝の時に太陽神ではなく、
 
本物の太陽を崇拝する
 
新しい宗教を推奨しました。
 
 
それ以降太陽神は
 
単に光を放つ円盤として
 
描かれるようになりました。
 
 
日本でも
 
天照大神の天岩戸の神隠れという
 
有名な話があります。
 
 
 
 
 
 

 
 
光輪
 
 
光輪とは
 
聖なるものの後ろに描かれた
 
円形の美しい光の輪です。
 
 
光背、アウレオラとも呼ばれます。
 
 
中世のキリスト教美術が典型的な例ですが、
 
古代からもっと以前の
 
超自然的な崇高さを表すものとして
 
使用されています。
 
 
ルネサンス時代には
 
一時衰退しますが、
 
バロック期以降の宗教美術に
 
再び登場します。
 
 
有名なものに
 
イタリアの聖フランチェスコの
 
肖像画があります。
 
 
仏教でも
 
仏や菩薩のからだから発する
 
円満の光などがあります。
 
 
 
 
 
 

 
 
陰陽
 
 
中国の古代思想で
 
森羅万象や宇宙のすべてのものに
 
陰と陽という2つの気があり、
 
相互に対立しているという考え方です。
 
 
万物の生成や消滅は
 
この2つの気によって
 
起こるとされています。
 
 
陰陽は
 
性質が受動的なものと
 
能動的なものに分けられます。
 
 
どちらかが善で
 
どちらかが悪であるということではなく、
 
陽は陰があって陰は陽があって
 
はじめて1つの要素となることができます。
 
 
具体的には陰は、
 
男、暗、柔、水、冬、夜、植物など、
 
それに対して陽は、
 
女、光、明、剛、火、夏、昼、動物などです。
 
 
対になっているものを表します。
 
 
性別や位置、方向から
 
感触、文化にいたるまで
 
さまざまなものがあります。
 
 
 
 
陰陽を表す
 
白と黒との対比で表した図を
 
太極図と言います。
 
 
太極図は歴史上、
 
さまざまに描かれてきました。
 
 
ですが、どの太極図においても
 
太極図自体は円を使って
 
描かれてきました。
 
 
太極図が初めて文献に登場するのは
 
北宋の周 敦頤の書いた
 
「太極図説」という著書です。
 
 
中国では道教や易経の影響で
 
陰陽が広まったため、
 
太陽や月を神格化する
 
太陽神などの考え方は広まりませんでした。
 
 
 
 
 
 
他にも魔法陣や占いの道具など
 
昔から人が神と関わる時には
 
まるい形が使われてきました。
 
 
 
人々は古代から
 
自然の中にまるい形を見て、
 
それを神と崇め、
 
つながるための形として
 
認識していたのかもしれないですね。
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
もちろんまるい形のデザインだけでなく、
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「チラシ、パンフレットのデザインを変更したい」
 
「DM、ポスター告知で販促につなげたい」
 
「企業ロゴや名刺を作りたい」
 
 
など、お客様の様々なご要望にデザインのチカラでお応えいたします。
 
目的や予算に合わせて、コースもお選びいただけます。
 
お電話、FAXでも承っております。
 
お気軽にお問合せください。
ぜひ、デザイン工房.comのホームページをご覧ください。
https://www.desi-k.com/

 
 
 

(Visited 14 times, 1 visits today)
秋の空は夕焼け美しく、デザインも美しく。

投稿日:2017-10-23

 
 
 

 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
秋の空は空気が澄んでいるので、
 
夕焼けも美しく見えます。
 
 
秋になるにつれ、日照時間も短くなり、
 
次第に日が暮れるのも早くなります。
 
 
夏の日の長さに慣れていた人の目も、
 
秋は夕焼けの空が意識しやすい季節です。
 
 
 
日が暮れるにつれ、
 
空にはいくつもの色の層が重なった
 
グラデーションができます。
 
 
それが空の色と重なって
 
とてもきれいな色彩を
 
つくりあげています。
 
 
 
今日は夕焼けについて
 
調べてみました。
 
 
 
 
 

 
 
夕焼けのしくみ
 
 
夕焼けとは
 
太陽が西の地平線に沈む夕刻、
 
西の空に赤く見える
 
現象のことです。
 
 
太陽の光は、日中は人の目に見える
 
可視光線の中の赤色光が
 
大気の中を垂直に通過し、
 
見た人の太陽の大きさの範囲に
 
入ってしまいます。
 
 
そして日中は真上から太陽があたるため、
 
すべての色が透過し青色だけが残って
 
目に見えるようになります。
 
 
夕方になると
 
太陽が斜めの角度になるので、
 
太陽光が昼間より
 
大気の層を長く通過します。
 
 
通過時間が長いので、
 
残った赤い色が
 
人の目にも見えるようになります。
 
 
 
 
 

 
 
夕焼けを表す言葉
 
 
夕焼けを表す言葉は
 
他にもいろいろあります。
 
 
その自然現象に合わせた
 
人の心情や状況なども転じて
 
意味を成していることもあります。
 
 
小説や楽曲などにも
 
その美しい風景が
 
詠われています。
 
 
 
夕映え
 
 
夕焼けの夕日の光に
 
物が光り輝くことです。
 
 
オーストラリアの作曲家シューベルトに
 
「夕映えに」という歌曲があります。
 
 
 
斜陽
 
 
日が傾くこと、夕日のことです。
 
 
かつては、勢いや富があったものが、
 
衰退し没落していく様の意もあります。
 
 
日本の小説家
 
太宰治の作品に
 
「斜陽」があります。
 
 
 
残照
 
 
日が沈んだあと、
 
雲や山頂に夕日の光が残り、
 
美しく輝く光景です。
 
 
映画や楽曲、小説など様々なジャンルで
 
タイトルにも使われています。
 
 
 
残映
 
 
夕焼け、暮れ残った日の光です。
 
 
消えていったものの
 
なごりのことも表します。
 
 
 
他にも
 
「斜照」、「斜日」、「夕照(せきしょう・ゆうしょう)」など
 
夕焼けを表す言葉はたくさんあります。
 
 
 
秋の空は秋晴れとも言われるように
 
どこまでも広く澄み渡っていて、
 
よく晴れた日も多いです。
 
 
お天気のいい日には
 
夕焼けもきれいに見えそうですね。
 
 
 
日没も早くなりますが、
 
秋の気候のいい気温の中で
 
美しい風景に出会いたいですね。
 
 
 
 
 
デザインでも
 
きれいなグラデーションを使った
 
夕焼け空は多く使われています。
 
 
夏から秋にかけて、
 
空がきれいに彩られる季節です。
 
 
 
少し目線を上げて
 
秋の夕焼け空を
 
眺めてみるのもいいかもしれないですね。
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
いろいろなデザイン制作を行っています。
 
 
「チラシ、ポスターを秋のデザインにしたい」
 
「パンフレットを秋のものにしたい」
 
「新しい販促物で集客したい」
 
 
など、お客様の様々なご要望にお応えいたします。
 
コストや状況に応じてプランもお選びいただけます。
 
ネット注文から、お電話、FAXでも承っております。
 
お気軽にご相談ください。
 
ぜひ、デザイン工房.comのホームページをご覧ください。
https://www.desi-k.com/

 
 
 

(Visited 44 times, 1 visits today)
デザインも秋色に染まる秋の紅葉。

投稿日:2017-10-16


 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
10月もなかばになると
 
空気もひんやりしてきますね。
 
 
9月から11月にかけては
 
紅葉の季節です。
 
 
 
紅葉は春の桜と同じくらい
 
季節を表す代表的なものとして
 
愛されています。
 
 
古くから日本文化にも取り入れられ、
 
詩歌などでも多く詠まれています。
 
 
日本最古の歌集である
 
万葉集の中でも
 
紅葉が詠まれています。
 
 
平安時代から紅葉狩りは
 
貴族の優雅な遊びとして
 
親しまれてきました。
 
 
 
何色にもわたり、複雑に変化する紅葉。
 
 
 
今日は紅葉の種類と特徴について
 
調べてみました。
 
 
 
緑色の葉っぱが紅葉する理由
 
 
もともと、一般的には
 
ふだんの葉の色は
 
緑色に見えます。
 
 
葉が緑色に見えるのは、
 
光エネルギーを吸収する役割をもつ
 
化学物質であるクロロフィル(葉緑素)が
 
含まれているからです。
 
 
 
秋から冬にかけて
 
日照時間が短くなり、
 
このクロロフィルが分解されます。
 
 
それによって、
 
葉の老化現象が起きます。
 
 
これが気温や水温、
 
紫外線などの分量や自然条件によって
 
複雑に絡み合い、それぞれのきれいな色になるのが
 
紅葉のしくみです。
 
 
 
 
 
紅葉の種類
 
 
紅葉の変化する色の種類には
 
大きく分けて3種類あります。
 
 
赤色に変色する葉→紅葉
黄色に変色する葉→黄葉
褐色に変色する葉→褐葉
 
 
一般的には広く
 
葉の色が変化することを
 
紅葉と言います。
 
 
 

 
 
 
紅葉
 
 
紅葉は、モミジなど
 
葉が赤色に染まる現象です。
 
 
赤色に見えるのは
 
アントシアニンが
 
合成されているからです。
 
 
アントシアニンが作られるには、
 
温度と光の条件が必要です。
 
 
アントシアニンは
 
紅葉する過程で新しく作られます。
 
 
代表的なカエデ科のモミジ、
 
ツツジ科のレンゲツツジ、
 
バラ科のヤマザクラなどがあります。
 
 
一般的な紅葉の中でも
 
種類も多く、親しまれています。
 
 
 

 
 
 
黄葉
 
 
イチョウを代表する
 
黄葉の黄色く染まる葉は、
 
カロテノイドの色素によるものです。
 
 
カロテノイドは
 
もともと若葉の頃に葉の中にありますが、
 
秋にクロロフィルが分解されることで、
 
カロテノイドの黄色が目立つようになります。
 
 
御堂筋のイチョウ並木も有名ですね。
 
 
黄色く色づく黄葉にはイチョウの他に、
 
シラカバ、ヤナギ、ポプラの木などがあります。
 
 
 

 
 
 
褐葉
 
 
褐色に色づく褐葉は
 
紅葉より少し赤色が黒みがかった
 
茶色の色です。
 
 
褐色に見えるのは、
 
タンニン性の物質やそれらからできる
 
プロバフェンという物質が
 
クロロフィルが分解されて
 
目に見えるようになるからです。
 
 
種類としては
 
ブナ科、ニレ科、スギ科などの
 
木が多いです。
 
 
 
 
 

 
 
 
この季節になると
 
行楽や紅葉狩りなども
 
たくさん行われています。
 
 
それに関連したイベントも多いですね。
 
 
夜にはお寺などで
 
ライトアップが行われるところもあり、
 
夜の紅葉も楽しめます。
 
 
春の桜と同じく
 
紅葉を美しく見ることのできる季節も
 
短いので、見れるうちに見ておきたいですね。
 
 
 
紅葉のデザインは
 
秋限定のパッケージデザインや、
 
チラシ、ポスターなどにも
 
秋を表すデザインとして
 
たくさん使われています。
 
 
紅葉は昔から
 
日本の美しい季節を表す
 
秋の色として人の心に残るものなのですね。
 
 
 
素敵な秋色デザインで、秋を満喫しましょう。
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
秋のデザインだけでなく、
 
いろいろなデザイン制作を行っています。
 
 
「会社案内、パンフレットのイメージを変えたい」
 
「季節に合わせたチラシ、カタログをつくりたい」
 
「お客さんに合わせたDM、チラシで集客したい」
 
 
など、様々なご要望にデザインのチカラでお応えしています。
 
ネット注文できるので、手間や時間がかかりません。
 
状況やコストもプランに合わせたものをお選びいただけます。
 
お電話、FAXでも承っております。
 
お気軽にご相談ください。
 
ぜひ、デザイン工房.comのホームページをご覧ください。
https://www.desi-k.com/

 
 
 

(Visited 62 times, 1 visits today)

デザイン制作を依頼する