ポスター・チラシ・パンフレット・会社案内・DM・名刺のデザイン制作専門サイト

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • FaceBook
  • twitter
  • RSS
メールでの問い合わせ
Blog
まるい形からデザインを考える⑤~人々が集まる丸~

投稿日:2017-09-25


 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
まるい形には、
 
ものだけでなく
 
状態がまるいという場合も
 
多いですね。
 
 
 
今日は
 
人が集まる
 
まるい形について
 
考えてみました。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
円卓会議
 
 
人が集まって、
 
相談をして意思決定する
 
会議の形のひとつです。
 
 
机、テーブルがまるく、
 
参加者は机のまわりに
 
一定の間隔を空けて着席し、
 
会議を行います。
 
 
 
円形にすることで、
 
上座、下座を設けずに
 
対等の関係で
 
自由に発言ができることを
 
目的にしたものです。
 
 
上下関係を明らかにしたい時は、
 
入り口に近い席が下座となり、
 
遠い席が上座となります。
 
 
 
円卓を使用した会議は
 
国際会議でも、
 
たびたび使われています。
 
 
近年、有名なのは
 
ポーランド円卓会議で、
 
円卓会議により、
 
話し合いによる平和的な合意形式、体制転換などが
 
他国に大きな影響を与えました。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
キャンプファイヤー
 
 
焚き火を真ん中にして
 
キャンプに参加した人が、
 
火を囲み輪になって、
 
ダンスを踊ったり、ゲームをして楽しむ
 
レクリエーションです。
 
 
ボーイスカウトや修学旅行などで、
 
学生の時などに
 
経験することがあったかもしれないですね。
 
 
 
キャンプファイヤーは、親睦の儀式で、
 
「親睦の火」「儀式の火」とも
 
呼ばれています。
 
 
もともとは
 
火の神への崇拝が
 
起源です。
 
 
キャンプファイヤーの終わりは、
 
火の神の言葉を聞き、
 
友情の誓いを立てて、
 
終わりにすることが多いです。
 
 
 
起源は不明ですが、
 
火を囲んでフォークダンスをする形は、
 
アメリカが発祥です。
 
 
 
現在の日本では、
 
騒音・防火安全のために
 
学校の敷地内では
 
ほとんど行われていません。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
盆踊り
 
 
やぐらを真ん中に立て、
 
やぐらのまわりを
 
参加者が踊りながら移動します。
 
 
 
盆踊りは各地によって音頭があり、
 
それに合わせて踊ったり
 
楽曲に合わせた振り付けで
 
踊ります。
 
 
8月の盆の時期に
 
死者を供養するための踊りとして
 
行われています。
 
 
農村の娯楽として、庶民に親しまれ、
 
娯楽と村の結束を強める役割を
 
果たしました。
 
 
 
現在は町内会の祭り行事として
 
夏休みの一大イベントとなっています。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
観客席
 
 
劇場、コンサート会場、スポーツ施設などで
 
設けられている、
 
観客が鑑賞や観戦を行うための席です。
 
 
 
競技場や野球場などでは、
 
周囲360度を観客席が
 
囲んでいます。
 
 
 
海外では、古代ローマ時代、
 
円形闘技場のコロッセウムで
 
剣闘士による試合が行われ
 
見物されていました。
 
 
 
劇場やコンサート会場でも、
 
出演者の周囲をぐるりと囲んだ観客席も
 
多くあります。
 
 
現在、東京の豊洲では
 
「IHIステージアラウンド東京」という
 
客席が360度回転する舞台劇場が誕生し、
 
話題を集めています。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
円陣
 
 
まるい形に人が並んだ
 
陣形のことです。
 
 
 
スポーツや舞台などで
 
チームが1つに集まって円となり、
 
掛け声をかけて
 
意思統一をはかります。
 
 
掛け声だけでなく、
 
リーダーの話や指示も
 
行われる場合もあります。
 
 
 
全員が真ん中に片手を出し合うもの、
 
隣の人と肩を組むもの、
 
手をつなぐものなど、
 
様々な形があります。
 
 
 
これから戦うための
 
緊張状態をつくる行為で、
 
心理学では
 
「サイキングアップ」と呼ばれています。
 
 
気持ちを意識的に高める
 
効果があります。
 
 
 
 
 
 
 
この他にも選挙演説や、見物など、
 
人が一定以上集まると
 
自然にまるい輪の形になることが
 
多いですね。
 
 
 
真ん中に軸になる注目するものがあると、
 
集まった人はそれを見たり聞いたりしながら
 
円を描きますね。
 
 
 
まるい形とは、
 
終点のない点が
 
つながり合った形です。
 
 
人が集まるまるい形を見ても、
 
その丸がつながりや、
 
人のやわらかさを
 
表しているようですね。
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
もちろんまるい形のデザインだけでなく、
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「チラシ、DMで集客をしたい」
 
「パンフレット、カタログ制作で販促につなげたい」
 
「人の目にわかりやすいデザインを制作してほしい」
 
 
など、お客様の様々なご要望にデザインのチカラでお応えいたします。
 
目的や予算に合わせて、コースもお選びいただけます。
 
お電話、FAXでも承っております。
 
お気軽にお問合せください。

 
 
 

(Visited 5 times, 1 visits today)
秋のデザインに使いたい花。

投稿日:2017-09-19

 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
 
 
9月になりましたが、
 
残暑の残る
 
きびしい暑さも続きますね。
 
 
朝晩は、少し涼しくなりましたが、
 
早く秋の涼しい風を
 
感じたいものです。
 
 
 
秋のデザインに使われるのは、
 
花というよりは、
 
もみじ、イチョウなどの
 
紅葉が使われることが多いですね。
 
 
秋と言えば、
 
紅葉のイメージが
 
強いからでしょうか。
 
 
でも、紅葉ばかりでは
 
同じデザインになってしまいがちです。
 
 
 
今日は秋のデザインに使いたい花を
 
集めてみました。
 
 
 
 
 
 
 
コスモスEZ157
 
 
コスモス
 
 
開花期は9月下旬~10月中旬。
 
 
秋にピンク、白、赤の花を咲かせる
 
キク科の植物です。
 
 
秋桜(アキザクラ)とも呼ばれ、
 
春の花の代表が桜のように
 
秋を代表する草花です。
 
 
栽培がしやすく、品種改良も多くされていて、
 
黄色や黒のコスモス、また、八重咲きのもの
 
なども作られています。
 
 
日本の代表的な歌にも
 
使われています。
 
 
奈良県の般若寺、大阪府の枚方市など
 
各地のコスモスの名所では、
 
かわいらしいコスモスが一面に
 
咲いている風景が見られます。
 
 
 
 
 
 
 
ススキIMG_5659
 
 
ススキ
 
 
開花期は8月~9月。
 
 
イネ科の植物です。
 
 
ススキの花は尾花とも呼ばれ、
 
高さ1m~2mの茎の上に穂をつけます。
 
 
生命力の強い植物で、
 
ふつうに野原に生息し、
 
身近な植物です。
 
 
秋の七草の1つでもあり、
 
日本文化とも
 
深い関わりを持ちます。
 
 
昔からよくお月見の際に
 
お団子と一緒に並べられて、
 
飾られています。
 
 
ススキが見られる名所の高原では
 
辺り一面をススキが覆って
 
訪れる人の目を
 
楽しませてくれます。
 
 
秋の風に揺れる
 
ススキの穂が美しい銀世界を
 
見せてくれます。
 
 
 
 
 
 
 
キンモクセイpr00132S
 
 
キンモクセイ
 
 
開花期は9月中旬~10月下旬
 
 
モクセイ科の植物で
 
秋に小さなオレンジ色の
 
花をつけます。
 
 
花は強い香りを持ち、
 
香りは白い花をつける
 
ギンモクセイよりも強いです。
 
 
公園の木や庭木として植えられ、
 
観賞用にされています。
 
 
原産地は中国で、
 
中国では桂花(けいか)とも
 
呼ばれています。
 
 
花はお酒やお茶にも使われており、
 
桂花陳酒、桂花茶として
 
日本でも親しまれています。
 
 
 
 
 
 
 
ヒガンバナEZ141
 
 
ヒガンバナ
 
 
開花期は9月中旬~9月下旬
 
 
ユリ科の赤い花を
 
散形につける植物です。
 
 
有毒性があり、
 
田畑や堤防、墓地などで
 
見られます。
 
 
夏の終わりから秋のはじめの
 
お彼岸のころに開花するので
 
ヒガンバナと呼ばれています。
 
 
リコリス、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)と
 
呼ばれることもあります。
 
 
 
 
 
 
 
リンドウgentian-2416864_640
 
 
リンドウ
 
 
開花期は9月中旬~10月中旬。
 
 
釣り鐘型で青紫色の
 
美しい花を咲かせます。
 
 
花は晴天の時にだけ開花します。
 
 
紫色の花は
 
高貴なイメージを表します。
 
 
敬老の日に
 
贈りものにされることも多いです。
 
 
園芸植物や野草として
 
よく栽培されています。
 
 
 
 
実りの秋。
 
 
どんぐりや木の実、フルーツなども
 
秋のデザインに使われています。
 
 
秋は気候もいいので
 
イベントなどもたくさん
 
開催されますね。
 
 
 
読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋。
 
 
秋を表すのに使うイメージは
 
たくさんありますね。
 
 
 
デザインの秋。
 
 
秋のデザインに使えるものを
 
考えるのも楽しいかもしれないですね。
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「季節に合わせたチラシを作成したい」
 
「季節に合った商品カタログを作りたい」
 
「DM、ポスターでイベントの告知をしたい」
 
 
など、お客様に合ったご要望におこたえいたします。
 
目的や状況に合わせてプランも選べるから便利です。
 
ネットでのご注文、お電話、FAXでも承っております。

 
 
 

(Visited 10 times, 1 visits today)
デザインも盛り上がるハロウィン。ハロウィンに使われるデザインとは!?

投稿日:2017-09-11

 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
9月に入ると
 
さっそくハロウィンの
 
イベントやキャンペーン告知が
 
盛り上がってきますね。
 
 
チラシやポスターでも
 
ハロウィンに合わせたデザインも
 
多くなってきます。
 
 
 
ハロウィンは、
 
近年ではクリスマスに次ぐ
 
大きなイベントになっています。
 
 
 
今日は、
 
ハロウィンのデザインに
 
よく使われるものを考えてみました。
 
 
 
 
 
 
 
ハロウィンIMG_8466
 
 
ハロウィンとは
 
 
もともとは、古代ケルト人による
 
秋の収穫のお祝いで、
 
悪霊を追い払う宗教的なお祭りです。
 
 
 
外国では
 
カボチャのジャック・オー・ランタンや
 
トリック・オア・アートなどの
 
行事が有名です。
 
 
 
特に英語圏での盛り上がりがあり、
 
アメリカのニューヨークでは、
 
ハロウィンとしては世界最大の
 
仮装行列が行われています。
 
 
 
毎年「10月31日」に行われ、
 
日本でも仮装やコスプレをして
 
道路を練り歩いて楽しむ人も
 
増えてきています。
 
 
日本では東京ディズニーランドのイベントや
 
お菓子メーカーのハロウィン商戦への参入が
 
盛り上がりのきっかけのようです。
 
 
 
 
 
 
 
ハロウィンIMG_0333
 
 
ジャック・オー・ランタン
 
 
アイルランドやスコットランドに伝わる
 
日本の鬼火のような存在で、
 
魔除けの意があります。
 
 
オレンジのカボチャをくりぬいて中身を空洞にし、
 
三角の目と鼻と口をさらにナイフでくりぬき、
 
カボチャに顔を作ったものです。
 
 
黒い帽子をかぶせ、
 
中にろうそくやランプを入れて
 
目や口が光るようにしています。
 
 
ハロウィンの日の晩に
 
家の中や戸口に飾ります。
 
 
 
 
 
 
 
ハロウィンIMG_1189
 
 
トリック・オア・アート
 
 
子供たちが近所の家をまわり、
 
お菓子を集める習慣です。
 
 
子供たちは、
 
「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ。」
 
という意味のセリフでおねだりをし、
 
大人たちは大量のお菓子を用意して
 
子供たちを待ちます。
 
 
この習慣は
 
日本ではあまり定着していませんが、
 
外国では定番行事となっています。
 
 
 
 
 
 
 
ハロウィンhalloween-994751_640
 
 
ハロウィンに使われるデザイン
 
 
ハロウィンのデザインには
 
様々なものが使われていますね。
 
 
 
カボチャ
 
ジャック・オー・ランタンが、
 
やはりハロウィンの象徴ですね。
 
 
ジャック・オー・ランタンの
 
イラストが1つあるだけで
 
ハロウィンだと分かります。
 
 
 
お化け
 
どちらかというと、
 
かわいらしいお化けが
 
多いですね。
 
 
子供たちがお化けの仮装をすることから、
 
お化けのデザインも
 
かわいらしいものになっているのかも
 
しれないですね。
 
 
お菓子を持ったり、
 
帽子をかぶったりしている
 
お化けもよく見られます。
 
 
 
魔女
 
魔女のほうき、帽子など、
 
魔女の持ち物グッズも
 
取り入れられています。
 
 
 
十字架・コウモリ・ガイコツ
 
館のイラストとともに
 
登場していることが多いですね。
 
 
まわりに少し置くと
 
いっそうハロウィンらしい
 
雰囲気を出すことができますね。
 
 
 
 
色はやはり、
 
カボチャのオレンジが中心に、
 
紫、黒などがよく使われています。
 
 
 
 
 
 
 
ハロウィンIMG_0363
 
 
 
日本では、ハロウィンは
 
大人のお祭りの色が強いですね。
 
 
広告やメディア戦略として
 
発展したことが大きいと
 
思われます。
 
 
 
デザインにも
 
ハロウィンのお祭りは
 
欠かせないものになってきてますね。
 
 
 
今年のハロウィンも楽しみたいものです。
 
 
 
みなさまも楽しい1日になりますように。
 
 
 
 
HAPPY HALLOWEEN。
 
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「季節のイベントやキャンペーンに合わせたチラシを作りたい」
 
「ポスターやDMでイベントの告知をしたい」
 
「イベントのパンフレットをつくりたい」
 
 
など、お客様の様々なご要望におこたえいたします。
 
ネット注文だから、低価格におさえられ高品質です。
 
お好みで状況や予算に合わせたプランも選べます。
 
お電話、FAXでも承っております。
 
ぜひお気軽にお問合せください。

 
 
 

(Visited 25 times, 1 visits today)
紙のお話⑤~和紙の作り方と種類~

投稿日:2017-09-4

最終更新日:2017-09-4

和紙japan-65380_640
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
伝統的な手漉きでつくる和紙は、
 
今日でも障子や扇子、提灯など
 
さまざまなものに使われています。
 
 
 
和紙はどのようにして
 
作られているのでしょうか。
 
 
今日は和紙の作り方と種類を
 
調べてみました。
 
 
 
 
 
 
和紙PAK25_origamitoturu_TP_V
 
 
 
 
 
 
和紙の作り方
 
 

作業 作業の説明
①刈り取り 楮を落葉後から冬にかけて刈り取る
②楮蒸し 長さをそろえて束にし、釜で蒸す
③皮はぎ 外側の皮をはいで黒皮にする
④浸水 黒皮を川に浸して軟らかくする
⑤荒皮落とし 川に浸した黒皮を足で踏んで荒皮を落とす
⑥表皮削り 包丁で上皮や節などをこそげ取り白皮とする、天日で干しあげる
⑦煮熟 白皮を灰汁で煮だして不純物を取り除く
⑧塵取り 白皮を水に入れ繊維から汚れなどを丁寧に取り除く
⑨叩解(こうかい) 台の上に白皮を載せ木棒で打ち叩く
袋に入れて川の水で洗い灰汁を流す
⑩ネリを取る 灰汁を流してから清水に浸し、ネリを漉き取る
⑪糊を挽く 米粉を臼で挽き填料とする
⑫紙漉き 箕桁(すけた)で紙料液を汲み上げて湿紙を作る
⑬圧搾 湿紙の積み重ねである紙床(しと)は一晩置き、圧縮機にかけて水を絞る
⑭乾燥 湿紙を紙床からはがし板に張り、乾燥させる

 
 
 
 
 
和紙ERY82_eguraretakinomiki20130812_TP_V
 
 
 
和紙の種類
 
 
和紙は、
 
原料や産地、時代によっても
 
様々なものがあります。
 
 
ここでは、原料による
 
種類の違いを調べてみました。
 
 
和紙は、
 
主に楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)
 
という原料を元に作られています。
 
 
 
楮紙
楮…クワ科の落葉低木
山間地の傾斜地に栽培されます。
楮の木から若い枝の樹皮繊維を原料として作られます。
各地で生産されているポピュラーな和紙です。
繊維が長いため、粘りが強くて丈夫な紙となります。
写真用紙、公文書、建築の材料として使用されています。
 
 
 
三椏紙
三椏…ジンチョウゲ科の落葉低木
日本では三椏は暖かい地域で栽培されています。
三椏の木の樹皮繊維を原料として作られます。
吸水性に優れ光沢があります。
日本の紙幣やハガキなどに使用されています。
 
 
 
雁皮紙
雁皮…ジンチョウゲ科の落葉低木
栽培が難しく、自生のもののみなので希少です。
雁皮の木の樹皮繊維を原料として作られます。
耐久性に優れていて、虫害に強いのが特徴です。
写経や日本画、エッチングなどに使用されています。
 
         (参考文献:「WASHI」(LIXIL出版))
 
 
 
 
和紙は長年
 
日本の伝統文化や人々の暮らしを支えてきた
 
奥深い美しい紙です。
 
 
現在では、
 
和紙漉きの継承も難しく
 
生産者も減少していますが、
 
伝統工芸品や現在でも生活の中で使われている和紙を
 
もう一度興味をもって
 
見てみるのもいいかもしれないですね。
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「告知ポスターをつくりたい」
 
「DM、カタログで集客をしたい」
 
「商品が見やすいパンフレットをつくりたい」
 
 
など、お客様の様々な要望におこたえいたします。
 
プランも選べるので目的や状況に応じたデザイン制作を行うことができます。
 
ネットで注文できるので、手間も省けます。
 
電話、FAXでも承っておりますので、お気軽にお問合せください。

 
 
 

(Visited 30 times, 1 visits today)
まるい形からデザインを考える④~自然界の丸~

投稿日:2017-08-28

最終更新日:2017-08-28

まるい形6-
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
デザインは自然界にある
 
美しい自然のものも
 
たくさん取り入れられています。
 
 
 
自然の風景、自然の色、自然の形。
 
 
自然界にあるものは、
 
人が違和感なく見ることのできる、
 
またふだんから見慣れたものです。
 
 
 
そのため、デザインに使用した時に
 
人の目にわかりやすく、
 
伝わりやすくなっています。
 
 
 
今日は、自然界にある
 
まるい形のものを
 
考えてみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
地球earth-1617121_640
 
 
 
地球
 
 
最も思いつきやすい自然界の球体ですね。
 
 
 
人類をはじめ
 
多くの生命体が住む惑星です。
 
 
 
地球が青くてまるいことは、
 
現在では誰もがよく知っていることですが、
 
それが証明されるまでは、
 
地球平面説が一般的でした。
 
 
平面説から球体説になるまでには
 
とても多くの論争がありました。
 
 
 
時代は古代ギリシャまで
 
さかのぼります。
 
 
ピタゴラスやアリストテレスなどの哲学者の説や、
 
大航海時代に地球を一周したマゼランなどにより、
 
一般の人にも地球がまるいということが
 
知れ渡るようになりました。
 
 
 
日本では、
 
江戸時代に日本に渡ってきた
 
キリスト教宣教師たちによって、
 
その事実が伝わりました。
 
 
 
 
 
 
 
月full-moon-460316_640
 
 
 

 
 
月は地球の唯一の衛星です。
 
 
 
地球から見たときに
 
月が正円に見えるときが満月です。
 
 
満月は月と太陽の黄経差180度となり、
 
このときに見られる月の形を言います。
 
 
 
満月は昔から鑑賞の対象となり、
 
特に秋の満月が美しく、
 
一般的にも月見が行われました。
 
 
日本、中国、韓国、ベトナムなどでは
 
満月に関する年中行事も
 
行われています。
 
 
 
満月にもいろいろな種類もあります。
 
 
その年の最大満月であるスーパームーンや
 
最小満月のミニマムーン、
 
現象が極めて稀であるブルームーンなど、
 
NEWSに取り上げられることも多くなっています。
 
 
 
 
 
 
 
虹rainbow-925461_640
 
 
 

 
 
赤から紫までの光の光線が
 
規則的に並んで見える気象現象の1つです。
 
 
 
虹が半円または正円に見えるのは、
 
虹が描く円が虹を見ている人を基準に
 
太陽と正反対の方向を
 
中心としているからです。
 
 
その基準が
 
虹を見ている人から見れば、
 
地平線の下にあるので
 
半円に見えるようです。
 
 
 
最近では、
 
イングランド西部で
 
ピンクの虹が見られ
 
話題となっています。
 
 
虹の発生が
 
日没時に重なったことから
 
ピンク色に見えるようです。
 
 
 
 
 
 
 
年輪log-1048288_640
 
 
 
年輪
 
 
自然に生える樹木の
 
木の断面にできる
 
同心円状の輪です。
 
 
成長輪とも呼ばれています。
 
 
 
年輪を数えることで
 
その木の樹齢を知ることができます。
 
 
 
通常は温帯から寒帯の木にでき、
 
熱帯の樹木にはないこともあります。
 
 
乾季と雨季があるところでは、
 
乾季に木の成長が休止するため
 
成長輪が作られます。
 
 
 
年輪には様々な木の成長する過程で起きた事柄
 
(虫害や山火事など)の痕跡が
 
残されていることがあります。
 
 
 
実際に起きた記録と
 
この痕跡を調べることにより
 
木の成長過程や環境条件を
 
把握することができます。
 
 
 
また、年輪の調査により
 
記録のない気象なども
 
調べることができます。
 
 
 
年輪ができるところは
 
形成層という樹皮と木質部との
 
間にあります。
 
 
形成層は表側に樹皮を、
 
内側に木部を作ります。
 
 
 
これが年輪の筋となります。
 
 
 
 
 
 
他にも
 
「木の実」や「水中の泡」、石を投げた時にできる「波紋」など、
 
自然界の中には
 
美しいまるい形が
 
たくさんあります。
 
 
 
人々が見る自然界の中にあるまるい形は、
 
まるい形になっていることが自然に作られているので、
 
美しく見えるのかもしれませんね。
 
 
 
人が昔から愛してきた
 
自然界の中の丸を使うと
 
デザインも愛されるものに
 
なるのかもしれないですね。
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
もちろんまるい形のデザインだけでなく、
 
様々なデザインを行っています。
 
 
「お店のロゴ、メニュー表を一新したい」
 
「商品カタログ、パンフレットを制作したい」
 
「会社案内、企業ロゴを作りたい」
 
 
など、お客様のご要望に合わせたデザイン制作ができます。
 
ネット注文なので手間がかからずお気軽にご注文いただけます。
 
お電話、FAXでも承っております。
 
ぜひお気軽にお問合せください。

 
 
 

(Visited 37 times, 1 visits today)

デザイン制作を依頼する