ポスター・チラシ・パンフレット・会社案内・DM・名刺のデザイン制作専門サイト

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • FaceBook
  • twitter
  • RSS
メールでの問い合わせ
Blog
紙のお話⑤~和紙の作り方と種類~

投稿日:2017-09-4

最終更新日:2017-09-4

和紙japan-65380_640
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
伝統的な手漉きでつくる和紙は、
 
今日でも障子や扇子、提灯など
 
さまざまなものに使われています。
 
 
 
和紙はどのようにして
 
作られているのでしょうか。
 
 
今日は和紙の作り方と種類を
 
調べてみました。
 
 
 
 
 
 
和紙PAK25_origamitoturu_TP_V
 
 
 
 
 
 
和紙の作り方
 
 

作業 作業の説明
①刈り取り 楮を落葉後から冬にかけて刈り取る
②楮蒸し 長さをそろえて束にし、釜で蒸す
③皮はぎ 外側の皮をはいで黒皮にする
④浸水 黒皮を川に浸して軟らかくする
⑤荒皮落とし 川に浸した黒皮を足で踏んで荒皮を落とす
⑥表皮削り 包丁で上皮や節などをこそげ取り白皮とする、天日で干しあげる
⑦煮熟 白皮を灰汁で煮だして不純物を取り除く
⑧塵取り 白皮を水に入れ繊維から汚れなどを丁寧に取り除く
⑨叩解(こうかい) 台の上に白皮を載せ木棒で打ち叩く
袋に入れて川の水で洗い灰汁を流す
⑩ネリを取る 灰汁を流してから清水に浸し、ネリを漉き取る
⑪糊を挽く 米粉を臼で挽き填料とする
⑫紙漉き 箕桁(すけた)で紙料液を汲み上げて湿紙を作る
⑬圧搾 湿紙の積み重ねである紙床(しと)は一晩置き、圧縮機にかけて水を絞る
⑭乾燥 湿紙を紙床からはがし板に張り、乾燥させる

 
 
 
 
 
和紙ERY82_eguraretakinomiki20130812_TP_V
 
 
 
和紙の種類
 
 
和紙は、
 
原料や産地、時代によっても
 
様々なものがあります。
 
 
ここでは、原料による
 
種類の違いを調べてみました。
 
 
和紙は、
 
主に楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)
 
という原料を元に作られています。
 
 
 
楮紙
楮…クワ科の落葉低木
山間地の傾斜地に栽培されます。
楮の木から若い枝の樹皮繊維を原料として作られます。
各地で生産されているポピュラーな和紙です。
繊維が長いため、粘りが強くて丈夫な紙となります。
写真用紙、公文書、建築の材料として使用されています。
 
 
 
三椏紙
三椏…ジンチョウゲ科の落葉低木
日本では三椏は暖かい地域で栽培されています。
三椏の木の樹皮繊維を原料として作られます。
吸水性に優れ光沢があります。
日本の紙幣やハガキなどに使用されています。
 
 
 
雁皮紙
雁皮…ジンチョウゲ科の落葉低木
栽培が難しく、自生のもののみなので希少です。
雁皮の木の樹皮繊維を原料として作られます。
耐久性に優れていて、虫害に強いのが特徴です。
写経や日本画、エッチングなどに使用されています。
 
         (参考文献:「WASHI」(LIXIL出版))
 
 
 
 
和紙は長年
 
日本の伝統文化や人々の暮らしを支えてきた
 
奥深い美しい紙です。
 
 
現在では、
 
和紙漉きの継承も難しく
 
生産者も減少していますが、
 
伝統工芸品や現在でも生活の中で使われている和紙を
 
もう一度興味をもって
 
見てみるのもいいかもしれないですね。
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「告知ポスターをつくりたい」
 
「DM、カタログで集客をしたい」
 
「商品が見やすいパンフレットをつくりたい」
 
 
など、お客様の様々な要望におこたえいたします。
 
プランも選べるので目的や状況に応じたデザイン制作を行うことができます。
 
ネットで注文できるので、手間も省けます。
 
電話、FAXでも承っておりますので、お気軽にお問合せください。

 
 
 

(Visited 158 times, 1 visits today)
まるい形からデザインを考える④~自然界の丸~

投稿日:2017-08-28

最終更新日:2017-08-28

まるい形6-
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
デザインは自然界にある
 
美しい自然のものも
 
たくさん取り入れられています。
 
 
 
自然の風景、自然の色、自然の形。
 
 
自然界にあるものは、
 
人が違和感なく見ることのできる、
 
またふだんから見慣れたものです。
 
 
 
そのため、デザインに使用した時に
 
人の目にわかりやすく、
 
伝わりやすくなっています。
 
 
 
今日は、自然界にある
 
まるい形のものを
 
考えてみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
地球earth-1617121_640
 
 
 
地球
 
 
最も思いつきやすい自然界の球体ですね。
 
 
 
人類をはじめ
 
多くの生命体が住む惑星です。
 
 
 
地球が青くてまるいことは、
 
現在では誰もがよく知っていることですが、
 
それが証明されるまでは、
 
地球平面説が一般的でした。
 
 
平面説から球体説になるまでには
 
とても多くの論争がありました。
 
 
 
時代は古代ギリシャまで
 
さかのぼります。
 
 
ピタゴラスやアリストテレスなどの哲学者の説や、
 
大航海時代に地球を一周したマゼランなどにより、
 
一般の人にも地球がまるいということが
 
知れ渡るようになりました。
 
 
 
日本では、
 
江戸時代に日本に渡ってきた
 
キリスト教宣教師たちによって、
 
その事実が伝わりました。
 
 
 
 
 
 
 
月full-moon-460316_640
 
 
 

 
 
月は地球の唯一の衛星です。
 
 
 
地球から見たときに
 
月が正円に見えるときが満月です。
 
 
満月は月と太陽の黄経差180度となり、
 
このときに見られる月の形を言います。
 
 
 
満月は昔から鑑賞の対象となり、
 
特に秋の満月が美しく、
 
一般的にも月見が行われました。
 
 
日本、中国、韓国、ベトナムなどでは
 
満月に関する年中行事も
 
行われています。
 
 
 
満月にもいろいろな種類もあります。
 
 
その年の最大満月であるスーパームーンや
 
最小満月のミニマムーン、
 
現象が極めて稀であるブルームーンなど、
 
NEWSに取り上げられることも多くなっています。
 
 
 
 
 
 
 
虹rainbow-925461_640
 
 
 

 
 
赤から紫までの光の光線が
 
規則的に並んで見える気象現象の1つです。
 
 
 
虹が半円または正円に見えるのは、
 
虹が描く円が虹を見ている人を基準に
 
太陽と正反対の方向を
 
中心としているからです。
 
 
その基準が
 
虹を見ている人から見れば、
 
地平線の下にあるので
 
半円に見えるようです。
 
 
 
最近では、
 
イングランド西部で
 
ピンクの虹が見られ
 
話題となっています。
 
 
虹の発生が
 
日没時に重なったことから
 
ピンク色に見えるようです。
 
 
 
 
 
 
 
年輪log-1048288_640
 
 
 
年輪
 
 
自然に生える樹木の
 
木の断面にできる
 
同心円状の輪です。
 
 
成長輪とも呼ばれています。
 
 
 
年輪を数えることで
 
その木の樹齢を知ることができます。
 
 
 
通常は温帯から寒帯の木にでき、
 
熱帯の樹木にはないこともあります。
 
 
乾季と雨季があるところでは、
 
乾季に木の成長が休止するため
 
成長輪が作られます。
 
 
 
年輪には様々な木の成長する過程で起きた事柄
 
(虫害や山火事など)の痕跡が
 
残されていることがあります。
 
 
 
実際に起きた記録と
 
この痕跡を調べることにより
 
木の成長過程や環境条件を
 
把握することができます。
 
 
 
また、年輪の調査により
 
記録のない気象なども
 
調べることができます。
 
 
 
年輪ができるところは
 
形成層という樹皮と木質部との
 
間にあります。
 
 
形成層は表側に樹皮を、
 
内側に木部を作ります。
 
 
 
これが年輪の筋となります。
 
 
 
 
 
 
他にも
 
「木の実」や「水中の泡」、石を投げた時にできる「波紋」など、
 
自然界の中には
 
美しいまるい形が
 
たくさんあります。
 
 
 
人々が見る自然界の中にあるまるい形は、
 
まるい形になっていることが自然に作られているので、
 
美しく見えるのかもしれませんね。
 
 
 
人が昔から愛してきた
 
自然界の中の丸を使うと
 
デザインも愛されるものに
 
なるのかもしれないですね。
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
もちろんまるい形のデザインだけでなく、
 
様々なデザインを行っています。
 
 
「お店のロゴ、メニュー表を一新したい」
 
「商品カタログ、パンフレットを制作したい」
 
「会社案内、企業ロゴを作りたい」
 
 
など、お客様のご要望に合わせたデザイン制作ができます。
 
ネット注文なので手間がかからずお気軽にご注文いただけます。
 
お電話、FAXでも承っております。
 
ぜひお気軽にお問合せください。

 
 
 

(Visited 161 times, 1 visits today)
いろいろなデザイン道具。

投稿日:2017-08-21

最終更新日:2017-08-21

season-1985856_640
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
今日ではデザインを制作するとき、
 
線を引くのにも、色をつけるのにも
 
ほとんどがillustratorなどの
 
デザインソフトが使われています。
 
 
 
このようなデザインソフトがなかった頃や、
 
それを使わずにデザインするには、
 
どのような道具が必要なのでしょうか。
 
 
 
今日はアナログの様々なデザイン道具を
 
調べてみました。
 
 
 
 
 
 
デザイン道具particles-1373684_640
 
 
 

烏口(からすぐち)

 
 
主に製図やトレース、レタリングなどに
 
用いられる特殊なペンです。
 
 
ペンの先が
 
カラスの口ばしのような形状をしていることから、
 
この名前で呼ばれています。
 
 
英式と独式があり、
 
刃先が縦に開くものが英式、
 
横に開くものが独式です。
 
 
均一で細くて美しい線を
 
描くことができます。
 
 
2枚の金属製の刃と刃の間に
 
インクや絵の具を注入して使います。
 
 
刃の隙間の幅を調節できるネジがついていて、
 
描こうとする線の幅を変えることができます。
 
 
定規を当てて筆圧をあまりかけずに
 
一定の早さで線を引くのがコツです。
 
 
製図ペンに比べて、1本で
 
線の太さの調整ができます。
 
 
インクが図面に落ちないようにすることと、
 
刃先が錆びないようにすることに
 
注意が必要です。
 
 
 
 
 
 

ロットリング

 
 
元々はドイツの製図用具メーカーの名前です。
 
 
一定量のインクが出続ける
 
製図に適したペンを開発したことで
 
有名になりました。
 
 
そのペン自体が
 
ロットリングと呼ばれています。
 
 
長い線をぶれずに
 
きれいに描くことができます。
 
 
インクの出口が斜めになっていないので、
 
描く時に垂直に立てて使うのがコツです。
 
 
インクの詰め替えは
 
カートリッジですが、
 
ペン先をクリーニングしないと
 
詰まりやすくなります。
 
 
 
 
 
 
デザイン道具copic-167681_640
 
 
 

コピック

 
 
イラストの彩色に使用される
 
アルコールマーカーです。
 
 
漫画や建築、ファッション、プロダクトのデザイン分野でも
 
広く使用されています。
 
 
色数が多く種類も豊富にあります。
 
 
発色がよく、速乾性があり
 
描き味もよいので
 
使いやすいのが特徴です。
 
 
インクを自由に混合したり、
 
ペン先を形状の違うものや太さの違うものに
 
取りかえることができます。
 
 
写真を元に線画を着色した
 
ぬり絵のコピックアートも
 
人気があります。
 
 
 
その他、
 
ペン先にフェルトを用いたフェルトペン、
 
極細のマーキングペンであるミリペン
 
などもあります。
 
 
 
 
 
 
デザイン道具inches-953425_640
 
 
 
描く道具の他に
 
定規、三角定規、雲形定規、カッターナイフ、コンパスなども
 
使用され、多くの道具が必要でした。
 
 
 
これらを駆使し、
 
大変な作業が行われていたようですね。
 
 
 
現在はillustratorやPhotoshopなどのデザインソフトや
 
製図用ソフトのCADなどがありますが、
 
それらがない時代には
 
直線や曲線1つを描くのにも、
 
大変な技術と労力が必要だったと思われます。
 
 
 
これらの道具を
 
ミリ単位の狂いもなく使用できるのは
 
熟練の職人技だったんですね。
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「集客に必要なチラシを作成したい」
 
「読みやすい、わかりやすいパンフレット、カタログが欲しい」
 
「DMを配布して売り上げをあげたい」
 
 
など、お客様のいろいろなご要望にデザインのチカラでお応えいたします。
 
ネット注文できるので、デザインの発注が簡単にできます。
 
お電話、FAXでも承っております。

 
 
 

(Visited 294 times, 3 visits today)
夏の一日をデザインする。

投稿日:2017-08-7

最終更新日:2017-08-7

青空140726199461_TP_V
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
夏の暑さも本格的になってきました。
 
 
毎日35度を越える猛暑日も続いていますね。
 
 
 
そんな夏だからこそ
 
デザインは涼しく届けたいものです。
 
 
 
今日は、
 
夏の一日のデザインに
 
多く使われているものを考えてみました。
 
 
 
夏はポップで明るい
 
イメージが強いですね。
 
 
 
 
 
 
ヤシcyprus-2251892_640
 
 
海、水に関するもの
 
 
ヤシの木と海や波、砂浜など
 
海そのものの風景や
 
海や水に関するものを
 
デザインしたものが多いですね。
 
 
海で使うものでは、
 
ビーチサンダル、水着、浮き輪
 
などがあります。
 
 
 
また、夏の定番として
 
Tシャツもよく使われます。
 
 
 
貝や魚、サンゴなど海を表す生物や、
 
ペンギンやシロクマなど
 
涼しさを感じさせてくれる動物なども
 
登場したりします。
 
 
 
夏と言えば、海を浮かべることが
 
多いのではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 
スイカwatermelons-961128_640
 
 
食べ物、飲み物
 
 
氷をはじめ、
 
夏は冷たいものを
 
表すことが多いですね。
 
 
中でもかき氷は、
 
夏を表すものとして
 
よく使われています。
 
 
夏になると、
 
かき氷を出すお店では
 
氷と描かれたのれんが
 
店先に飾られています。
 
 
その風景だけでも、
 
かき氷が夏を感じさせる印象が深いですね。
 
 
 
果物では、スイカがダントツですね。
 
 
夏の果物としてわかりやすく、
 
赤い色や種をおもしろく使って
 
様々なデザインが考えられています。
 
 
スイカそのものが使われていることも多いですが、
 
スイカ割りの風景や、スイカの種とばしなども
 
いいかもしれませんね。
 
 
 
また、ビールや納涼に関する食べ物、飲み物なども
 
よく登場しています。
 
 
 
 
 
 
花火fireworks-879461_640
 
 
風景
 
 
お祭り。
 
やはり盛り上がる夏祭りは
 
夏の風物詩の一つです。
 
 
太鼓や浴衣姿、屋台、お神輿など
 
夏祭りを表すものが
 
夏を感じさせてくれるもの
 
となっています。
 
 
 
他にも、「夜空に打ち上がる花火」、
 
「畳の部屋の蚊取り線香」、
 
「白い入道雲と黄色いひまわり」など、
 
代表的な夏の一日を表すものがあります。
 
 
 
これらは、それだけで夏だとわかる
 
多くの人にとって印象的な風景なのですね。
 
 
 
色は青や白といった
 
爽快感を表すものが多いですね。
 
 
 
 
 
目にする人たちが少しでも
 
夏の暑さを忘れて
 
涼しさを感じとることのできる
 
素敵なデザインにしたいものです。
 
 
 
作る人も見る人も
 
夏の暑さに負けない強いココロで
 
デザインが楽しめるといいなと思います。
 
 

デザイン工房.comでは、
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「夏らしいデザインにしたい」
 
「パンフレット、会社案内を作りたい」
 
「季節に合わせたチラシを作りたい」
 
 
など、お客様の様々な要望にデザインのチカラでお応えいたします。
 
ネットでのご注文、お電話、FAXでも承ります。
 
お気軽にご相談ください。

 
 
 

(Visited 82 times, 1 visits today)
紙のお話④~和紙~

投稿日:2017-07-31

最終更新日:2017-07-31

和紙folding-2425485_640
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
世の中にはたくさんの紙がありますね。
 
 
ふだん生活している上で目にする紙は、
 
ほとんどが和紙ではない洋紙です。
 
 
ですが、日本の伝統的な紙である和紙は、
 
昔から人々の生活を支え、
 
日常になくてはならない大切な紙でした。
 
 
今日は、この和紙について調べてみました。
 
 
 
 
 
 

和紙とは

 
 
日本古来の紙で、
 
洋紙に対して区別されて使われる
 
日本紙です。
 
 
手漉きで漉かれた日本紙ですが、
 
現在は機械で手漉きに似せて
 
漉かれたものも広く和紙と
 
呼ばれることもあります。
 
 
 
 
 
和紙paper-314816_640
 
 
和紙の特徴
 
 
水を吸う
 
 
和紙は
 
楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、靱皮(じんぴ)繊維を
 
原料として作ります。
 
 
その主な成分であるセルロース(繊維素)は、
 
水分を吸収しやすい(親水性)特徴を持っています。
 
 
水分を吸収することで、
 
日本の伝統工芸品である
 
一閑張りや乾漆などを
 
作ることができます。
 
 
 
 
 
水をはじく
 
 
水と油は相容れないものに
 
よく例えられますが、
 
和紙はそのどちらとも相性がいいものです。
 
 
セルロースに
 
水だけでなく、
 
油と馴染みやすい性質があるためです。
 
 
水をはじくため、
 
古くから和傘として
 
雨から人体を守る役目をしています。
 
 
 
 
 
軽くて強い
 
 
植物の繊維には、
 
繊維と繊維が重なった接点が
 
自然とくっつき合う
 
「自己接着性」があります。
 
 
これは、動物の繊維や化学繊維には
 
見られない特性です。
 
 
このため、昔は旅に出るのに
 
「紙衣」という和紙でできた上着を着ました。
 
 
 
 
 
 
和紙AY043
 
 
開閉自由
 
 
和紙は
 
開いたり閉じたりすることのできる
 
性質があります。
 
 
これは、一本の繊維と繊維が絡み合っているだけでなく、
 
セルロースの分子間でも
 
繊維どうしが引き合う(水素結合)という
 
二重の結合があるためです。
 
 
扇子や提灯など開閉できるものに
 
和紙は使用されています。
 
 
 
 
 
耐久性がいい
 
 
和紙は薬品をほとんど使わず、中性なので、
 
紙が劣化しにく特徴があります。
 
 
重要な文書類の記録保存や伝統工芸品などは、
 
和紙によって長く保存することができます。
 
         (参考文献:「WASHI」(LIXIL出版))
 
 
 
 
 
和紙は
 
日本古来の伝統的な美しい紙であるとともに、
 
人々の生活の上で
 
重要な役目を果たしてきました。
 
 
それは、人の手で作る和紙のもつあたたかさが、
 
長く人々の心をとらえ、
 
人々の生活とともに
 
生きてきたからではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
様々なデザイン制作を行っております。
 
 
「会社案内、パンフレットを作りたい」
 
「DMで商品の宣伝をしたい」
 
「目的に合わせたチラシで販促したい」
 
 
など、お客様の様々なご要望にデザインのチカラでお応えいたします。
 
インターネットでのご注文、電話、FAXでもお気軽にご相談ください。

 
 
 

(Visited 133 times, 1 visits today)

デザイン制作を依頼する