ポスター・チラシ・パンフレット・会社案内・DM・名刺のデザイン制作専門サイト

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • FaceBook
  • twitter
  • RSS
メールでの問い合わせ
Blog
紙のお話④~和紙~

投稿日:2017-07-31

最終更新日:2017-07-31

和紙folding-2425485_640
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
世の中にはたくさんの紙がありますね。
 
 
ふだん生活している上で目にする紙は、
 
ほとんどが和紙ではない洋紙です。
 
 
ですが、日本の伝統的な紙である和紙は、
 
昔から人々の生活を支え、
 
日常になくてはならない大切な紙でした。
 
 
今日は、この和紙について調べてみました。
 
 
 
 
 
 

和紙とは

 
 
日本古来の紙で、
 
洋紙に対して区別されて使われる
 
日本紙です。
 
 
手漉きで漉かれた日本紙ですが、
 
現在は機械で手漉きに似せて
 
漉かれたものも広く和紙と
 
呼ばれることもあります。
 
 
 
 
 
和紙paper-314816_640
 
 
和紙の特徴
 
 
水を吸う
 
 
和紙は
 
楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、靱皮(じんぴ)繊維を
 
原料として作ります。
 
 
その主な成分であるセルロース(繊維素)は、
 
水分を吸収しやすい(親水性)特徴を持っています。
 
 
水分を吸収することで、
 
日本の伝統工芸品である
 
一閑張りや乾漆などを
 
作ることができます。
 
 
 
 
 
水をはじく
 
 
水と油は相容れないものに
 
よく例えられますが、
 
和紙はそのどちらとも相性がいいものです。
 
 
セルロースに
 
水だけでなく、
 
油と馴染みやすい性質があるためです。
 
 
水をはじくため、
 
古くから和傘として
 
雨から人体を守る役目をしています。
 
 
 
 
 
軽くて強い
 
 
植物の繊維には、
 
繊維と繊維が重なった接点が
 
自然とくっつき合う
 
「自己接着性」があります。
 
 
これは、動物の繊維や化学繊維には
 
見られない特性です。
 
 
このため、昔は旅に出るのに
 
「紙衣」という和紙でできた上着を着ました。
 
 
 
 
 
 
和紙AY043
 
 
開閉自由
 
 
和紙は
 
開いたり閉じたりすることのできる
 
性質があります。
 
 
これは、一本の繊維と繊維が絡み合っているだけでなく、
 
セルロースの分子間でも
 
繊維どうしが引き合う(水素結合)という
 
二重の結合があるためです。
 
 
扇子や提灯など開閉できるものに
 
和紙は使用されています。
 
 
 
 
 
耐久性がいい
 
 
和紙は薬品をほとんど使わず、中性なので、
 
紙が劣化しにく特徴があります。
 
 
重要な文書類の記録保存や伝統工芸品などは、
 
和紙によって長く保存することができます。
 
         (参考文献:「WASHI」(LIXIL出版))
 
 
 
 
 
和紙は
 
日本古来の伝統的な美しい紙であるとともに、
 
人々の生活の上で
 
重要な役目を果たしてきました。
 
 
それは、人の手で作る和紙のもつあたたかさが、
 
長く人々の心をとらえ、
 
人々の生活とともに
 
生きてきたからではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
様々なデザイン制作を行っております。
 
 
「会社案内、パンフレットを作りたい」
 
「DMで商品の宣伝をしたい」
 
「目的に合わせたチラシで販促したい」
 
 
など、お客様の様々なご要望にデザインのチカラでお応えいたします。
 
インターネットでのご注文、電話、FAXでもお気軽にご相談ください。

 
 
 

(Visited 41 times, 1 visits today)
まるい形からデザインを考える③~あそびの丸~

投稿日:2017-07-24

最終更新日:2017-08-16

遊びの丸3-1
 
 
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
こどもの遊び、大人の遊び。
 
 
遊びとは、
 
特に生存や生活に必要ではないけれど、
 
心を満足させたり、ストレスを解消させたり
 
するものです。
 
 
またそれによって、
 
知能や創造を発達させる意味でも
 
とても重要なものですね。
 
 
 
デザインにも遊びは必要です。
 
 
 
そして、遊びの中にも
 
とても多くのまるい形があります。
 
 
 
今日は、遊びの中の
 
まるい形について
 
考えてみました。
 
 
 
 
 
 
シャボン玉bubbles-21142_640
 
 
シャボン玉
 
 
美しい自然の球のひとつです。
 
 
こどもたちの遊びに
 
よく使われますね。
 
 
大人の人も幼いころには
 
楽しんだのではないでしょうか。
 
 
石けん水で薄めたものを
 
ストローで吹くことによって、空気が入り
 
きれいな色の球体ができて
 
空気中にふわふわと浮きます。
 
 
シャボン玉は空気中に飛ばすものが一般的ですが、
 
その他にも人が中に入れるシャボン玉や、
 
水中にシャボン玉を作ることなどもできます。
 
 
パーティの演出に使用されたり、
 
理科の実験などにもよく使われます。
 
 
人々の目を楽しませたり、
 
子供の創造力を広げるのにも
 
素敵な遊びですね。
 
 
デザインでも
 
シャボン玉の中に写真や文字を入れて
 
立体感を出したり、色のきれいな透明感を表したり
 
することもありますね。

 
 
 
 
 
 
独楽AY029
 
 
独楽(こま)
 
 
歴史の古い遊びです。
 
 
中心を軸にして作られた玩具を
 
回転させて遊びます。
 
 
日本でも平安時代ごろから
 
宮廷の遊びとして行われてきました。
 
 
中心の軸を指でひねって回転させるものや、
 
紐を使って回転させるもの、
 
他にも独楽(こま)自体の種類や遊び方なども多種あります。
 
 
独楽(こま)は基本的には長く回転させて、
 
回転時間を競う遊びです。
 
 
 
ですが、回すだけでも技術のいる独楽(こま)や
 
曲芸などでも多く使用されています。
 
 
独楽(こま)は日本だけでなく、
 
世界各地でも
 
人々の遊びとして使用されています。

 
 
 
 
 
 
ダーツtarget-1551492_640
 
 
ダーツボード
 
 
ダーツは
 
30cmから40cmくらいの
 
まるい的に羽矢を投げて、
 
点数を競う遊びです。
 
 
一般的なダーツは、
 
ボードの中心に当たるほど点数が高く、
 
中心から外へ向けて点数が低くなります。
 
 
ですが、ゲームやルールは数百種類もあり、
 
それによって遊び方も違います。
 
 
大人の遊びとして
 
よく使われるイメージですね。
 
 
遊びだけでなく競技としても競われ、
 
PDCワールド・ダーツ・チャンピオンは
 
最高峰のトーナメントとなっています。

 
 
 
 
 
 
ボールball-2154553_640
 
 
ボール
 
 
球技、遊技などに使われる
 
球形の用具です。
 
 
子供のころから大人に成長するまで、
 
人生の中でとても身近なものですね。
 
 
ボールは
 
ラグビーボールやアメリカンフットボールなど
 
長球形のものもありますが、
 
ほとんどは球形のまるい形をしています。
 
 
ボール自体を蹴ったり、投げたりして
 
ゲームを競うのが一般的な使われ方です。
 
 
日本では古くは
 
蹴鞠などがそれにあたります。

 
 
 
 
 
 
遊びの中にも
 
まるい形が多いのは、
 
まるい形が人の目や心をやわらかくし、
 
ゆるやかな気持ちを引き起こす
 
形でもあるからではないでしょうか。
 
 
 
まるい形には癒しの力が
 
あるのかもしれませんね。
 
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
もちろんまるい形のデザインだけでなく、
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「チラシをアレンジしたい」
 
「ポスター、DMで告知をしたい」
 
「季節に合った、パンフレットやカタログをデザインしたい」
 
 
など、お客様に合わせたデザイン制作を行っています。
 
ネット注文、お電話、FAXでも承っています。

 
 

(Visited 45 times, 1 visits today)
夏のデザインに使いたい花。

投稿日:2017-07-18

最終更新日:2017-07-18

 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
そろそろ梅雨も明け、夏らしい晴天が続きますね。
 
 
 
青い空、白い雲、夏の爽快な景色がきれいですね。
 
 
 
夏は少しでも涼しさを感じるデザインにしたいですが、
 
夏を象徴する花は太陽に合うような
 
元気のいいイメージのものが多いですね。
 
 
 
今日はデザインによく使われている夏の花をご紹介します。
 
 
 
 
 
 
朝顔PPW_aoiasagaonohana-thumb-autox1600-13179
 
 
朝顔(アサガオ)
 
 
開花期は6月~10月
 
 
つる性の植物で、
 
薬用としての効能もありますが、
 
毒性も強いものがあります。
 
 
小学校などでも育てたり、
 
観察日記をつけたりして
 
子供のころから身近な花です。
 
 
花は円錐形で、
 
色は紫、青、赤、ピンク
 
などがあります。
 
 
朝顔は「源氏物語」にも
 
女性の名前で登場しています。
 
 
デザインとしては、
 
暑中見舞いハガキを始め、
 
浴衣や扇子、てぬぐいなどに
 
多く見かけられます。
 
 
しっとりとした女性のイメージがありますね。
 
 
 
 
 
ひまわりIMG_451515080241himawari-thumb-autox1600-18916
 
 
向日葵(ヒマワリ)
 
 
開花期は6月~10月
 
 
キク科の一年草で、
 
黄色い大きな花を咲かせます。
 
 
夏を代表する花ですね。
 
 
夏の晴天の空と黄色い花がよく合います。
 
 
強くて明るく、元気なイメージが強いです。
 
 
夏のTシャツなどによく使われています。
 
 
 
 
 
ハイビスカスPPW_akaihaibisukasunohana_TP_V
 
 
ハイビスカス
 
 
開花期は5~10月
 
 
南国を表すのによく使われる花ですね。
 
 
熱帯や亜熱帯性の植物です。
 
 
リゾート地の背景や海、島のデザインに
 
使われていますね。
 
 
花はカラフルなビビッド色の強い
 
デザインが多いですね。
 
 
 
 
 
ユリELL88_hanahirakuyuri_TP_V
 
 
百合(ユリ)
 
 
開花期は5月下旬~7月下旬
 
 
多年草の植物で
 
品種の多いことで
 
よく知られています。
 
 
漏斗状の大きな花をつけ、
 
長い茎を持ちます。
 
 
種類も多く美しい花を咲かせるので、
 
プレゼントの花にも多く使われています。
 
 
大阪舞洲のゆり園や
 
岐阜の「ダイナランドゆり園」
 
も有名です。
 
 
 
 
 
月下美人night-blooming-cereus-14557_640
 
 
月下美人(ゲッカビジン)
 
 
開花期6月~10月
 
 
サボテン科サボテンの一種です。
 
 
花が白くて香りが強く、開花は夜にします。
 
 
花のイメージが神秘的なことから
 
「同じ日にしか咲かない」「1年に1度しか咲かない」「満月の夜にしか咲かない」などの
 
俗説も多くあります。
 
 
夜に咲くことから
 
美しくはかないイメージが
 
もたれています。
 
 
人気の高い植物です。
 
 
 
 
 
千日紅sennichiko-992852_640
 
 
千日紅(センニチコウ)
 
 
開花期7月~9月
 
 
一年草の植物で
 
花は小さく、
 
背丈も50cmほどです。
 
 
赤、白、紫などの花が咲きます。
 
 
乾燥に強く、ドライフラワーに
 
されることも多いです。
 
 
花が小さくてかわいいので
 
他の花と一緒に使われたり、
 
包装紙のデザインなどに
 
使われたりすることもありますね。
 
 
 
 
 
夏のデザインは
 
黄色やピンク、赤など
 
夏にふさわしい明るい色の花が
 
使われることが多いですね。
 
 
それと対照的に涼しげなデザインでは、
 
青や紫の朝顔や、月下美人の白のようなものが
 
使われています。
 
 
どちらにしろ、
 
夏の爽快感がうまく伝わる
 
デザインにしたいですね。
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
様々なデザインを行っています。
 
 
「季節に合わせたデザインのチラシ、パンフレット 、カタログにしたい」
 
「DMのデザインを季節ごとに変えたい」
 
「季節が伝わるポスターのデザインにしたい」
 
 
など、お客様の様々なご要望にお応えするデザイン制作をいたします。
 
ネット注文ができるので手間も省けます。
 
電話、FAXでもお気軽にお問合せください。

 
 
 

(Visited 48 times, 1 visits today)
とんだりはねたりデザインしたり。~みんな大好き夏フェス~

投稿日:2017-07-10

最終更新日:2017-07-10

青空PPS_manatunoaozoratoyama-thumb-autox1600-13011
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
暑い夏がやってきますね。
 
 
梅雨明けも近く、
 
夏らしい晴天が素敵な毎日ももうすぐですね。
 
 
 
どこまでも晴れ渡った青い空が、
 
夏の爽快感を欲しいままにしています。
 
 
 
この青い夏の空にぴったりなのが、夏フェス。
 
 
音楽好きにはたまらない季節ですね。
 
 
 
ふだんLIVEやコンサートに行かない人でも、
 
自然の中で素敵な音楽を心ゆくまで楽しめる夏フェスは
 
興味のある方も多いのではないでしょうか。
 
 
 
ここ数年野外で行われる夏フェスは
 
ますます盛り上がりを見せ、
 
夏の風物詩のひとつとなっています。
 
 
 
今日は夏フェスについて考えてみました。(いいことばかり(>_<))
 
 
 
 
 
 
 

 
夏フェスに行くといいこと
 

 
 
いろいろなミュージシャンの音楽が聴ける
 
 
夏フェスはイベントです。
 
 
自分のファン以外のアーティストも
 
多数参加します。
 
 
興味がなかったり、
 
気にはなっていたけれど聴いたことのない人でも
 
生で聴くとファンになってしまうこともありますね。
 
 
 
踊れる
 
 
夏はだいたい楽しい曲で盛り上がりますね。
 
出演するアーティストも
 
来てくれた人と一体となって
 
踊れる歌を選曲してくれるはず。
 
 
夏の太陽を浴びながら、
 
汗だくになって踊るのも素敵です。
 
 
自然の中で思いっきり
 
とんだりはねたりしてみましょう。
 
 
 
屋台PPW_yakimorokoshi_TP_V
 
 
ごはんもおいしい
 
 
自分でお弁当や食べるものを
 
持っていってもいいですが、
 
たいていそのイベントに合わせた
 
屋台などが開かれています。
 
 
とんだりはねたりした後は、
 
お腹もペコペコ。
 
 
自然の中で、できたてを食べるのも
 
格別のおいしさです。
 
 
 
夕日ZUB_DSC_9849_TP_V
 
 
美しい夏の夕日とさわやかな夏の風
 
 
日中は太陽が照りつけて暑いですが
(熱中症には気をつけましょう)、
 
夕方になるとだんだんさわやかな風も吹きはじめ、
 
涼しくなってきます。
 
 
一日中盛り上がった中で
 
美しい夕日とともに
 
素敵な音楽を楽しめます。
 
 
楽しい1日が終わってしまう
 
少しの寂しさとともに。
 
 
 
夏の想い出が作れる
 
 
友人や家族と行けば、
 
ずっと残る想い出になりますね。
 
 
あまりファンでない人が出場するフェスでも、
 
友達に誘われたから、家族の中にファンがいたから、
 
しかたなくフェスについていった
 
という人も多いはずです。
 
 
でも、一緒に行った、
 
一緒に盛り上がったということだけで、
 
素敵な夏の想い出になります。
 
 
ひとりで行った人も
 
いつか同じファンの人に出会ったとき、
 
「あの夏フェス行った」ということで
 
盛り上がることができますね。
 
 
 
 
 
夏フェスの雰囲気には
 
格別の盛り上がりがあります。
 
 
お酒をのんで本当に酔っている人も、
 
フェスに酔っている人も、
 
夕日が沈んで暗くなるころには、
 
素敵な1日に心も酔いしれますね。
 
 
 
いつも考えている
 
アイデアやデザインの頭を空っぽにして、
 
たまには心の底から
 
とんだりはねたり歌ったりして
 
楽しみましょう。
 
 
 
きっといつまでも想い出に残る
 
素敵な夏の1日になるはずです。
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
様々なデザイン制作を承っています。
 
 
「POPやポスターでイベントの告知をしたい」
 
「いつも来てくれるお客さんにリピーターになってもらうためのパンフレットやカタログをつくりたい」
 
「季節に合わせたチラシをつくりたい」
 
 
など、それぞれのお客様に合った、
 
いろいろなものが制作できます。
 
ネット注文、お電話、FAXでも承っています。
 
お気軽にご相談ください。

 
 
 

(Visited 37 times, 1 visits today)
紙のお話③~紙以前の紙~

投稿日:2017-07-3

紙card-1937488_640
 
 
 
こんにちは。スタッフのOKUです。
 
 
 
紙はふだんわたしたちの生活に
 
とても多く使われています。
 
 
紙の役目はたくさんありますが、
 
一番大きなものとしては
 
「文字を書く、記録を残す」という
 
文字を書くことができて、書いた文字を保存できる
 
といったものです。
 
 
 
紙が発明されたのは、
 
紀元105年に中国の武帝の臣、
 
蔡倫(さいりん)によってだとされています。
 
 
ですが、実際にはもっと以前から
 
発明されていた
 
と考えられています。
 
 
紙が発明される以前でも人々は
 
書き残すということが常に必要でした。
 
 
現在では紙が身近にあることが
 
当たり前のようになっていますが、
 
紙が発明される前は人々は
 
どのようにして文字を書き、
 
記録していたのでしょうか。
 
 
太古の昔、人が
 
交易、農業、できごとなどの記録を残すものとして、
 
文字を書きつけることが必要でした。
 
 
文字を書きつけるための紙は、
 
記録を残すために非常に重要な役割を果たします。
 
 
 
はじめは、木片、竹片、骨片など、
 
自然の資源に書き記されていました。
 
ですが、これらは字が書きにくく、
 
実用的ではありませんでした。
 
 
字が書きやすい現在の紙の代わりとして、
 
植物から作られたパピルス、
 
動物の皮から作られた羊皮紙
 
が主な書写材料でした。
 
 
 
 
 
パピルスpapyrus-63004_640
 
 
パピルス
 
 
古代のエジプト人が発明した
 
文書を書く材料になった植物です。
 
 
大型の水草でヤミガソリとも言います。
 
 
長く太い茎を持ち、
 
高さは2mくらいになります。
 
 
文字を書くための材料は、
 
この茎を使って作られました。
 
 
緑の外皮を取り除かれ、
 
中の白い繊維のみが使用されました。
 
 
繊維は細長い状態で切られ、
 
これを横に並べて槌でたたき、
 
植物の元からもつ水分で
 
繊維どおしをくっつけます。
 
 
これを日光で乾燥させると、
 
字をかけるパピルスができます。
 
 
古代エジプト人にとっては、
 
安上がりな材料を豊富に手に入れることができ、
 
エジプトの国はパピルスによって、
 
莫大な利益を得ました。
 
 
また、パピルスをつなぎ合わせて
 
長い巻物も作られました。
 
 
ですが、何回もめくると破れてしまう性質のため、
 
綴じ本としては適しませんでした。
 
 
 
 
 
羊皮紙parchment-1033434_640
 
 
羊皮紙
 
 
羊皮紙は
 
エジプトから通常の量の
 
パピルスしか得られないため
 
発明されたと言われています。
 
 
羊皮紙はヤギ、子牛などの動物の薄手の皮を
 
文字が書けるようになめしたものです。
 
 
作られ方としては、
 
動物から剥いだ皮をきれいな水で洗い
 
石灰水に浸けます。
 
 
残っている毛や肉を削り、再び石灰水につけて、
 
それを木の枠に張り
 
ナイフで表面を掻いてなめらかにします。
 
 
これで、皮に文字を書けるようになります。
 
 
羊皮紙は表と裏が異なります。
 
 
表にも裏にも文字を書くことができます。
 
 
毛が生えていた外側は肉がついていた内側よりも色が濃く、
 
すべすべしています。
 
 
羊皮紙は折りたたむことも、
 
巻くこともできます。
 
 
紙が広く手に入るまでの100年の間、
 
西洋では羊皮紙が通常の文書材料として
 
用いられました。
 
 
現在でも証明書などの大事な文書は
 
羊皮紙に書かれていることもあります。
 
(参考:ビジュアル博物館 文字と書物)
 
 
 
 
紙が発明されるまでの長い間、
 
人々はできる限り記録を残そう
 
としていたことがわかりますね。
 
 
そして、その残った記録が
 
後世への歴史の連なりとなって、
 
わたしたちの現在までへと続いているのは
 
とてもおもしろいことですね。
 
 
 
 
 

デザイン工房.comでは、
 
様々なデザイン制作を行っています。
 
 
「季節に合ったデザインを行いたい」
 
「チラシ、パンフレットで販促をしたい」
 
「DM、ポスター、POPで告知をしたい」
 
 
など、それぞれのお客様に合ったデザイン制作ができます。
 
ネットで注文できるので、無駄な手間が省けます。
 
電話、FAXでも承っております。
 
お気軽にご相談ください。

 
 
 

(Visited 32 times, 1 visits today)

デザイン制作を依頼する